中へと(into, εἰς―ヨハネ3:16)

(回復訳)それは、彼の中へと信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を持つためである。
(KG訳)それは御子信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。
(SK訳)それは御子信じる者がひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(SKD訳)独り子信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

ギリシャ語

Οὕτως γὰρ ἠγάπησεν ὁ Θεὸς τὸν κόσμον, ὥστε τὸν Υἱὸν τὸν μονογενῆ ἔδωκεν, ἵνα πᾶς ὁ πιστεύων εἰς αὐτὸν μὴ ἀπόληται ἀλλ’ ἔχῃ ζωὴν αἰώνιον.

解説

「主の中へと信じるとは、彼を信じること(ヨハネ6:30)とは異なります。彼を信じるとは、彼が真実であり、実際であると信じることです。しかし彼の中へと信じるとは、彼を受け入れて、彼と一つに結び付けられることです。前者は客観的に事実を認識することであり、後者は主観的に命を受け入れることです」(ヨハネ3:16のフットノート2)。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事