聖書読書グループのご紹介サービスについて

聖書読書グループのご紹介サービス

通読仲間と共に聖書を読むことで、助けられ励まされる

 バイブルフォージャパンは単に聖書を無料進呈するだけの団体ではありません。わたしたちは希望される読者の方に、日本各地で開かれている聖書読書グループをご紹介しています。聖書読書グループは皆様の聖書通読と学びを助け、互いに質問し合い、教え合う事ができるグループです。

お住まいの地域によってはご利用頂けない場合がございます。どうぞご容赦ください。

共に聖書を読む通読仲間は、あなたの大きな助けとなります

 共に聖書を読む通読仲間は、あなたの大きな助けとなります。その根拠も聖書には書かれています。

■人が独りでいるのは良くない

聖書は「人が独りでいるのは良くない」と言います。もともと、人は団体的な存在です。大抵の場合、独りでいる時には悩みの思考の連鎖からなかなか抜け出せず、多くの時間が空しく費やされてしまいます。人には適切な助け手が必要です。

創世記2:18 それから、エホバ・神は言われた、「その人が独りでいるのは良くない.わたしは彼に、彼の配偶者としての助け手を造ろう」。

■聖書を理解するには適切な導き手が必要

聖書は単なる知識の書ではなく、実行を伴う生活の書です。日常生活を営む方法は親から子へ、また子から孫へと有機的に伝えられます。その際には両親や祖父母など、適切な導き手が必要です。聖書を学ぶことも同じ原則にあり、聖書から知識を得て、それを実行することは適切な導き手を必要とします。

使徒8:30-31 そこでピリポが走り寄ると、その人が預言者イザヤの書を読んでいるのを聞いて、「あなたは読んでいる事がわかりますか?」と言った。すると彼は言った、「だれかがわたしを導いてくださるのでなければ、どうしてわかるでしょう?」。そして彼はピリポに、馬車に乗って一緒に座るよう請い求めた。

■共に聖書を読む生活は励ましを通して喜びを得る生活です

多くの悩みを経て聖書に来る方々は初め、喜びがなく、歌を歌うような状況にはないかもしれませんが、誰かと共に聖書の言葉を読み、教え合い、その言葉を味わい受け入れる時に、その言葉は外側で歌となり、その人を慰め、励まし、喜びを得させます。

コロサイ3:16 知恵を尽くして、キリストの言をあなたがたの内に豊かに住まわせ、詩と詩歌と 霊の歌とをもって、互いに教え戒め合い、恵みをもって、心から神に向かって歌いなさい。