二人または三人がわたしの名の中へと集められている所には、わたしがその中にいる:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(60)

中へと(εἰς<eis>―マタイ18:20)

【回復訳】 二人または三人がわたしの名の中へと集められている所には、わたしがその中にいるからである」。
【KG訳】 ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。
【SK訳】 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」
【SKD訳】 二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」

ギリシャ語

οὗ γάρ εἰσιν δύο ἢ τρεῖς συνηγμένοι εἰς τὸ ἐμὸν ὄνομα, ἐκεῖ εἰμι ἐν μέσῳ αὐτῶν.(Nestle 1904)

Strong’s Concordance
eis: to or into (indicating the point reached or entered, of place, time, fig. purpose, result)
Original Word: εἰς
Part of Speech: Preposition
Transliteration: eis
Phonetic Spelling: (ice)
Definition: to or into (indicating the point reached or entered, of place, time, purpose, result)
Usage: into, in, unto, to, upon, towards, for, among.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

『信者たちの集会は、主によって始められます。主は彼らを占有しているすべての人、事、物から召し出し、ご自身の臨在の豊かさを享受するよう、彼らを御名の中へ集められます。』(マタイ18:20フットノート 2

『そのような二人または三人の少数の集まりは、召会が地方的に集まる方法の一つであることを暗示しています。そのような少数の人たちの集まりは、使徒行伝第2章46節と第5章42節に述べられているように、信者の家庭で持たれていたに違いありません。その集まりは、祈り(19節使徒12:512)、交わり、パンさき、教え、福音の宣べ伝えのためでした(使徒2:425:42)。多くのこのような集会は、同じ地方で分かれて持たれていたでしょう。しかし、彼らはその地方で唯一の召会です(17節)。そうでないと、彼らは分かれて集会をしているのでなく、分裂であり、分派となります(ガラテヤ5:20)。』(マタイ18:20フットノート 3)

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
永遠の救い・その土台「主イエスは神の救いの門」「主イエスだけが神によって立てられた救い主」「キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた」:聖書の重要な真理【救い】(4)
聖書の重要な真理【救い】
永遠の救い・その土台「主イエスは神の救いの門」「主イエスだけが神によって立てられた救い主」「キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた」:聖書の重要な真理【救い】(4)
永遠の救い【その土台】「わたしは門である。だれでもわたしを通って入る者は救われ」 ヨハネ10:9 わたしは門である.だれでもわたしを通って入...
わたしたちの魂の救い「すべての汚れとあふれる悪意を捨て去ったのですから、植えられた御言を柔らかい心で受け入れなさい。それは、あなたがたの魂を救うことができます」「あなたがたの信仰の結果である魂の救いを受けている」:聖書の重要な真理【救い】(23)
聖書の重要な真理【救い】
わたしたちの魂の救い「すべての汚れとあふれる悪意を捨て去ったのですから、植えられた御言を柔らかい心で受け入れなさい。それは、あなたがたの魂を救うことができます」「あなたがたの信仰の結果である魂の救いを受けている」:聖書の重要な真理【救い】(23)
【わたしたちの魂の救い】「すべての汚れとあふれる悪意を捨て去ったのですから、植えられた御言を柔らかい心で受け入れなさい。それは、あなたがたの...
信者と聖書との関係:聖書を知り理解したいなら、言葉を愛し、それを思い巡らさなければならない「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」「わたしは彼の口の言葉を、わたしの割り当てられた食物よりも尊んだ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(21)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:聖書を知り理解したいなら、言葉を愛し、それを思い巡らさなければならない「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」「わたしは彼の口の言葉を、わたしの割り当てられた食物よりも尊んだ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(21)
信者と聖書との関係:「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」(詩119:97、参照、20節、1...