神の息吹かれたもの(πᾶσα γραφὴ θεόπνευστος―Ⅱテモテ3:16)

(回復訳)聖書はすべて、神の息吹かれたものであり
(KG訳)聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって
(SK訳)聖書はすべて、神の霊感によるもので
(SKD訳)聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ

ギリシャ語

πᾶσα γραφὴ θεόπνευστος καὶ ὠφέλιμος πρὸς διδασκαλίαν, πρὸς ἐλεγμόν, πρὸς ἐπανόρθωσιν, πρὸς παιδείαν τὴν ἐν δικαιοσύνῃ,

解説

「これは、神の言葉である聖書が、神の息吹であることを示しています。神の語りかけは、神が息吹き出したものです。このゆえに、神の言葉は霊(ヨハネ6:63)、あるいは息です。ですから聖書は、その霊としての神の具体化です。その霊は聖書の実質、本質です。……その霊なる神の具体化である聖書(神の言葉)は、キリストの具体化でもあります。キリストは神の生ける言であり(啓19:13)、聖書は書かれた神の言葉です(マタイ4:4)」(Ⅱテモテ3:16、フットノート2)。


無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事