イエス・キリストは新約の主題、内容です:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(1)

イエス・キリスト(マタイ1章1節)

(回復訳)イエス・キリストの系図の書.彼はダビデの子であり、アブラハムの子である。
(KG訳)アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリストの系図。
(SK訳)アブラハムの子であるダビデの子、イエス・キリストの系図。
(SKD訳)アブラハムの子であるダビデの子、イエス・キリストの系図。

ギリシャ語

Βίβλος γενέσεως Ἰησοῦ Χριστοῦ υἱοῦ Δαυὶδ υἱοῦ Ἀβραάμ.

解説

「新約聖書で最初に述べられている名前も、最後に述べられている名前もイエスです(啓22:21)。これは、イエス・キリストが新約の主題であり、内容であることを証明します」(マタイ1:1のフットノート1)。



無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
日ごとの救い「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなしておられるからです」:聖書の重要な真理【救い】(15)
聖書の重要な真理【救い】
日ごとの救い「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなしておられるからです」:聖書の重要な真理【救い】(15)
【日ごとの救い】「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなして...
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
信者と聖書との関係: 「読む…聞いて…守る」(啓1:3、参照、使徒8:28、32) 啓1:3 この予言の言を読む者と、それを聞いて、その中に...