イエス・キリストは新約の主題、内容です:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(1)

イエス・キリスト(Ἰησοῦ Χριστοῦ<Iēsou Christou>マタイ1章1節)

(回復訳)イエス・キリストの系図の書.彼はダビデの子であり、アブラハムの子である。

他の日本語訳聖書では「アブラハム」「ダビデ」「イエス・キリスト」の順番となっています。聖書をお持ちの方は、お手元の聖書と比較してみてください。

ギリシャ語

Βίβλος γενέσεως Ἰησοῦ Χριστοῦ υἱοῦ Δαυὶδ υἱοῦ Ἀβραάμ.

解説

「新約聖書で最初に述べられている名前も、最後に述べられている名前もイエスです(啓22:21)。これは、イエス・キリストが新約の主題であり、内容であることを証明します」(マタイ1:1のフットノート1)。



無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
聖書の重要な点、重要な章や節、また重要な真理をわたしたちの内に住まわせるなら、聖霊はわたしたちが聖書の意味を理解できるようにすることができる「知恵を尽くして、キリストの言をあなたがたの内に豊かに住まわせ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(42)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
聖書の重要な点、重要な章や節、また重要な真理をわたしたちの内に住まわせるなら、聖霊はわたしたちが聖書の意味を理解できるようにすることができる「知恵を尽くして、キリストの言をあなたがたの内に豊かに住まわせ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(42)
どのように聖書を読むか【御言をわたしたちの内に住まわせる】:「知恵を尽くして、キリストの言をあなたがたの内に豊かに住まわせ」(コロサイ3:1...