『わたしはある』を信じないなら、自分の罪の内に死ぬ :回復訳聖書と他の日本語訳との比較(109)

わたしはある(ἐγώ εἰμι<egō eimi>―ヨハネ8:24)

【回復訳】 だから、あなたがたは自分の罪の内に死ぬと、わたしは言ったのである.あなたがたは、『わたしはある』を信じないなら、自分の罪の内に死ぬ」。

新共同訳は回復訳聖書と同じく「egō eimi」を「わたしはある」と訳しています。その他、主だった日本語訳聖書では「egō eimi」を「そういう者である」、「わたし」、「私が〔それ〕である」などと訳しています。聖書をお持ちの方は、お手元の聖書と比較してみてください。

ギリシャ語

εἶπον οὖν ὑμῖν ὅτι ἀποθανεῖσθε ἐν ταῖς ἁμαρτίαις ὑμῶν· ἐὰν γὰρ μὴ πιστεύσητε ὅτι ἐγώ εἰμι, ἀποθανεῖσθε ἐν ταῖς ἁμαρτίαις ὑμῶν.(Nestle 1904)

Strong's Concordance
egó: I (only expressed when emphatic)
Original Word: ἐγώ
Part of Speech: Personal Pronoun
Transliteration: egó
Phonetic Spelling: (eg-o')
Definition: I (only expressed when emphatic)
Usage: I, the first-person pronoun.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

eimi: I exist, I am
Original Word: εἰμί
Part of Speech: Verb
Transliteration: eimi
Phonetic Spelling: (i-mee')
Definition: I exist, I am
Usage: I am, exist.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

『「わたしはある」(ヨハネ8章2858節)は、エホバの御名の意味です(出3:14)。エホバは神の御名であって(創2:7)、彼は今おられ、昔おられ、やがて来ようとしておられる方、自ら存在し、永遠に存在する方です(啓1:4出3:14-15)。この御名は、神と人との関係を語る時に用いられています。ですから、それは主が永遠に存在する神であって、人と関係を持つ方であることを示します。だれでも主がこのような神であることを信じない者は、自分の罪の内に死にます。』(ヨハネ8:24フットノート2

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
信者と聖書との関係:聖書を知り理解したいなら、言葉を愛し、それを思い巡らさなければならない「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」「わたしは彼の口の言葉を、わたしの割り当てられた食物よりも尊んだ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(21)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:聖書を知り理解したいなら、言葉を愛し、それを思い巡らさなければならない「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」「わたしは彼の口の言葉を、わたしの割り当てられた食物よりも尊んだ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(21)
信者と聖書との関係:「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」(詩119:97、参照、20節、1...