わたしたちは聖書の中のさまざまな時代を区別しなければならない:聖書の重要な真理【聖書を読む】(48)

聖書を読むことを助けるいくつかの解釈【聖書の中の時代】

わたしたちは聖書の中のさまざまな時代を区別しなければなりません。もしそうしなければ、多くの部分は矛盾しているように見え、説明するのが難しいでしょう。アダムの創造から千年王国の終わりまでの期間は七つの時代に分けることができます。各時代における人の地位と状態、また人が担う責任は異なっています。しかしながら、各時代において人は失敗し、そして各時代は裁きで終わります。

1 罪のない時代下―― アダムの創浩から、彼がエデンの園から追い出されるまでの少なくとも百三十年間(参照、創5:3)。

 この期間は罪のない時代と呼ばれます。なぜなら、アダムの創造の時、人には罪がなかったからです。人は神の御前で生き、神によって支配されました。神は人を直接支配しました。

2 良心の時代―― アダムの堕落から洪水まで。罪のない時代と良心の時代は約千六百五十六年間に及ぶ。

 この期間は良心の時代と呼ばれます。なぜなら、人は神から人の良心に堕落し、良心によって支配されたからです。神は人の良心を通して間接的に人を支配しました。

3 人の統治の時代――ノアが箱船を出てから、バベルの塔においてまき散らされるまでの四百二十七年間。

 この期間は人の統治の時代と呼ばれます。なぜなら、この期間に人は自分の良心から他の人によって支配されることへとさらに堕落したからです。人は人の支配の下にありました。こうして神は他の人たちを通してさらに間接的に人を支配しました。この時に神は人を支配する権威を人に与えました(9:6)。人に対する人の権威はこの時代に始まりました(ローマ13:1)。この時までに人は最も堕落しました。人は神から人の良心に堕落し、そして良心から他の人によって支配されることへと堕落しました。こうして、人は神の統治から自己の統治に、そして自己の統治から人の統治へと堕落しました。人はこの程度まで堕落した後、それ以上堕落することはできませんでした。この時点で、人は真に、入って来て人を救う神を必要としました。

4 約束の時代―― アブラハムの召しから、シナイ山で律法が与えられるまでの四百三十年間。

 人がこれ以上堕落することができなくなった後、神は入って来て、アプラム(アブラハム)を召し、彼の子孫、すなわちキリストを通して人を祝福することを彼に約束しました(ガラテヤ3:16)。これは、神がキリストを通して恵みによって人を取り扱うことを意味しました。神はこの約束を族長たちに繰り返されました。ですから、この期間は約束の時代と呼ばれます。

5 律法の時代―― シナイ山で律法が与えられてからバプテスマのヨハネの務めまでの約千五百年間(ルカ16:16)。

 神はキリストを通して恵みによって人を取り扱うことを約束されましたが、人は自分自身を知りませんでした。それどころか、人は善を行なうことができ、自分の行為の美徳によって神に義とされることができると思っていました。ですから、神は一時的に彼の恵みの約束をわきに置き、律法を用いて人の罪と無能さを人に見せました。律法を通して、人は善を行なうことができず、また自分自身の中で義とされることはできないことを見せられました。それは、人が神の恵みを求めるためでした。この期間は律法の時代と呼ばれます。なぜなら、神はこの時に律法を通して人を取り扱われたからです。

6 恵みの時代―― バプテスマのヨハネの務めからキリストの二度目の到来まで(マルコ1:1-5)。

 神は律法を用いて、一時的に人を取り扱われただけでした。神の当初の恵みの約束は律法によって無効にされませんでした(ガラテヤ3:17)。神が人を律法の下に置かれたのは(約千五百年間)、人の罪と無能さを完全に現すためでした。それは、人が自分自身と自分の罪を知り、神の裁きの前に屈服するためでした(ローマ3:19-20)。それから神は主イエスを遣わして彼の恵みの約束を成就し、彼が恵みを通して人を取り扱うことができるようにし、また人が彼の恵みの下で生きることができるようにされました。律法はバプテスマのヨハネの時まで続きましたが(ルカ16:16)、その時からキリストの二度目の到来まで、神は恵みを通して人を取り扱ってこられ、また意一みを通して人を取り扱われます。ですから、この期間は恵みの時代と呼ばれます。

多くの聖書学者たちはこれら七つの期間を用いています。しかしながら、聖書はアダムの創造から千年王国の終わりまでの時をただ四つの時代に分けています。

1 父祖たちの時代―― アダムからモーセまでの、律法が与えられる前(ローマ5:13-14)の二千五百十三年間。

2 律法の時代―― モーセからキリストの最初の到来までの(ヨハネ1:17)約千五百年間。

3 恵みの時代―― キリストの最初の到来から彼の二度目の到来まで。

4 王国の時代―― キリストの二度目の到来から、サタンが火の池の中へと投げ込まれるまでの千年間。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
信者と聖書との関係: 「読む…聞いて…守る」(啓1:3、参照、使徒8:28、32) 啓1:3 この予言の言を読む者と、それを聞いて、その中に...
信者と聖書との関係:わたしたちは幼い時から、聖書からの照らしを受け、教えを受け、救いを受けるべき「幼い時から聖なる書に親しんできた」「エホバの書物を求めて読め」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(23)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは幼い時から、聖書からの照らしを受け、教えを受け、救いを受けるべき「幼い時から聖なる書に親しんできた」「エホバの書物を求めて読め」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(23)
当団体はエホバの証人とは一切関係ありません 「幼い時から聖なる書に親しんできた」(Ⅱテモテ3:15) Ⅱテモテ3:15 また幼い時から聖なる...
聖書の純粋さ、完全さ:この世のどのような本も聖書ほど正しく、純粋で、 真実であるものはない「完全で…信実で…正しく…明確で。…‥純粋で…真実」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(18)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
聖書の純粋さ、完全さ:この世のどのような本も聖書ほど正しく、純粋で、 真実であるものはない「完全で…信実で…正しく…明確で。…‥純粋で…真実」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(18)
聖書の純粋さ、完全さ:「純粋な言葉…七度きよめられた銀」(詩12:6、参照、18:30、119:140、箴30:5) 詩篇12:6 エホバの...
信者と聖書との関係:理解力を与えてくださるよう神に求め、神の奥義的な言、すばらしい聖書を学び知るために、把握する十分な能力を持つ「わたしの心を傾けさせ」「学ぶ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(22)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:理解力を与えてくださるよう神に求め、神の奥義的な言、すばらしい聖書を学び知るために、把握する十分な能力を持つ「わたしの心を傾けさせ」「学ぶ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(22)
信者と聖書との関係:「わたしの心を傾けさせ」(詩119:36、参照、112節) 詩篇119:32 わたしはあなたの戒めSの道を走ります.あな...