わたしたちは聖書の中のさまざまな人々を識別しなければならない:聖書の重要な真理【聖書を読む】(49)

聖書を読むことを助けるいくつかの解釈【聖書の中の人々】

Iコリント10:32 ユダヤ人にもギリシャ人にも神の召会にも、つまずきの石となってはいけません.

 わたしたちはまた、聖書の中のさまざまな人々を識別しなければなりません。わたしたちはユダヤ人に語られた言葉を異邦人や召会に適用することはできません。わたしたちはまた、異邦人や召会に語られた言葉をユダヤ人に適用することはできません。聖書の中には三種類の人々がいます。それはユダヤ人、ギリシャ人あるいは異邦人、そして召会です(Iコリント10:32)。創世記第一章一節から第十一章九節まで(アダムの創造からアブラハムの召しまで)は、すべての人類について語っています。創世記第十一章十節からマラキ書第四章六節までは、ユダヤ人について語っています。この期間、召会は隠された奥義でした(エペソ3:9-10、4-5)。その結果、異邦人はユダヤ人に加えて述べられているだけです。四福音書はユダヤ人から召会への移行です。ユダヤ人は四福音書におい言及されていますが、四福音書の教えはおもに召会の信者たちについてです。なぜなら、召会が間もなく現されようとしていたからです(マタイ16:18、18:17)。召会が特に強調されているのは、使徒行伝第一章一節から啓示録第三章の終わりまでです。神はユダヤ人と異邦人に個別に注意を払っておられますが、この期間、ユダヤ民族は一時的にわきに置かれています。ユダヤ人、異邦人、召会は啓示録第四章一節から第十九章の終わりまで一緒にして考えられています。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
信仰によって救われる「また彼の中で信じ…彼の中であなたがたはまた…聖霊で証印を押されました」「神はわたしたちを救い」「彼はわたしたちを救ってくださいました」:聖書の重要な真理【救いの確信】(5)
聖書の重要な真理【救いの確信】
信仰によって救われる「また彼の中で信じ…彼の中であなたがたはまた…聖霊で証印を押されました」「神はわたしたちを救い」「彼はわたしたちを救ってくださいました」:聖書の重要な真理【救いの確信】(5)
【信仰によって救われる】「また彼の中で信じ…彼の中であなたがたはまた…聖霊で証印を押されました」(エペソ1:13) エペソ1:13 あなたが...
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
どのように聖書を読むか【彼のみこころを決意して行なおうとする】:「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るで...
永遠において永遠の命を享受する「命の水は、神の命が永遠にわたしたちの渇きをいやすことを示し、命の木は、神の命が永遠にわたしたちの飢えを満たすことを示す」:聖書の重要な真理【永遠の命】(10)
聖書の重要な真理【永遠の命】
永遠において永遠の命を享受する「命の水は、神の命が永遠にわたしたちの渇きをいやすことを示し、命の木は、神の命が永遠にわたしたちの飢えを満たすことを示す」:聖書の重要な真理【永遠の命】(10)
「彼らは命の木への権利を持ち」(啓22:14) 啓示録22:14 自分の衣服を洗う者たちは幸いである.彼らは命の木への権利を持ち、門を通って...
聖書の機能:聖書の言葉のゆえに、わたしたちの魂は新鮮にされ、心は喜び、体はいやされます「霊であり、命である」「わたしの言葉は…見いだす者には命となり、全身のいやしとなる」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(16)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
聖書の機能:聖書の言葉のゆえに、わたしたちの魂は新鮮にされ、心は喜び、体はいやされます「霊であり、命である」「わたしの言葉は…見いだす者には命となり、全身のいやしとなる」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(16)
聖書の機能:「霊であり、命である」(ヨハネ6:63) ヨハネ6:63 命を与えるのはその霊である.肉は何の役にも立たない.わたしがあなたがた...