旧約と新約の両方において、第一の区分は歴史であり、第二の区分は経験であり、第三の区分は預言であることは非常に意義深い:聖書の重要な真理【聖書を読む】(45)

聖書を読むことを助けるいくつかの解釈【聖書の区分】

 聖書は二つの大きな区分に分けられています。それは旧約と新約です。これらはそれぞれ、
さらにいくつかの区分に分けられています。

旧約は三つの区分を内容とする

歴史の区分―― 創世記からエステル記まで―― 17巻を内容とする

 創世記から申命記までの5巻は律法の書、あるいはモーセの書と考えられています(ルカ16:29、31、ヨハネ5:45-46、ローマ10:4-5)。それらは一般にモーセ五書と呼ばれています。ヨシュア記からエステル記までの12巻は歴史書と呼ばれています。

経験の区分―― ヨブ記から雅歌まで―― 5巻を内容とする

 ある人たちは、これら5巻と哀歌を詩の書と呼んでいます。なぜなら、それらは詩の形式で書かれているからです。

預言の区分―― イザヤ書からマラキ書まで―― 17巻を内容とする

これらの書はまとめて預言者の書と呼ばれています。より長い書は大預言書と呼ばれ、より短い書は小預言書と呼ばれています。

イエスは彼らに言われた、「わたしがまだあなたがたと一緒にいた時、あなたがたに語ったわたしの言はこうである.すなわち、わたしについて、モーセの律法と預言者の書と詩篇とに書かれているすべての事は、成就されなければならない」。

ルカによる福音書24章44節

 ルカによる福音書第24章44節において旧約聖書は三つの区分に分けられています。(一)モーセの律法、モーセ五書、(二)歴史書を含む預言者の書、(三)詩の書を含む詩篇です。ユダヤ人とラビたちは、ルカによる福音書第24章44節にしたがって旧約聖書を分けました。すなわち、モーセの律法、預言者の書、詩篇です。

新約は三つの区分を内容とする

歴史の区分―― マタイによる福音書から使徒行伝まで―― 5巻を内容とする

 最初の4巻は四福音書と呼ばれています。第五の書は使徒行伝と呼ばれています。

経験の区分―― ローマ人への手紙からユダの手紙まで―― 21巻を内容とする

 これら二十一巻は書簡と呼ばれています。

預言の区分―― 啓示録―― 1巻を内容とする

 旧約と新約の両方において、第一の区分は歴史であり、第二の区分は経験であり、第三の区分は預言です。これは非常に意義深いのです。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
今や救われていることを知ることができる「わたしたちは死から命へと移っていることを知っています」「わたしたちは神から出た者であ…ることを…知っています」:聖書の重要な真理【救いの確信】(7)
聖書の重要な真理【救いの確信】
今や救われていることを知ることができる「わたしたちは死から命へと移っていることを知っています」「わたしたちは神から出た者であ…ることを…知っています」:聖書の重要な真理【救いの確信】(7)
【今や救われていることを知ることができる】「わたしたちは死から命へと移っていることを知っています」(Iヨハネ3:14) Iヨハネ3:14 わ...
聖書の機能:聖書はわたしたちの真の姿と状態を映し出し、わたしたちの魂を回復し、新鮮にし、賢くし、心を喜ばせ、目を照らす「鏡」「魂を生き返らせ…未熟な者を賢くする…心を喜ばせ…目を照らす」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(15)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
聖書の機能:聖書はわたしたちの真の姿と状態を映し出し、わたしたちの魂を回復し、新鮮にし、賢くし、心を喜ばせ、目を照らす「鏡」「魂を生き返らせ…未熟な者を賢くする…心を喜ばせ…目を照らす」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(15)
聖書の機能:「鏡」(ヤコブ1:23) ヤコブ 1:23 なぜなら、もし御言を聞いても行なわない者がいるなら、その人は、生まれつきの自分の顔を...
来たるべき時代において永遠の命を得る「主は千年王国における永遠の命の享受を、今日ご自身のためにすべてのものを捨てる者たちに対する褒賞として定められた」:聖書の重要な真理【永遠の命】(5)
聖書の重要な真理【永遠の命】
来たるべき時代において永遠の命を得る「主は千年王国における永遠の命の享受を、今日ご自身のためにすべてのものを捨てる者たちに対する褒賞として定められた」:聖書の重要な真理【永遠の命】(5)
主は千年王国における永遠の命の享受を、今日ご自身のためにすべてのものを捨てる者たちに対する褒賞として定められた 来たるべき時代において、すな...
わたしたちが聖書を理解し、知りたいなら、わたしたちは開かれた思いと開かれた目を必要とする「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(36)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちが聖書を理解し、知りたいなら、わたしたちは開かれた思いと開かれた目を必要とする「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(36)
どのように聖書を読むか【主に求めてわたしたちの思いを開いていただく】:「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」(...
わたしたちは聖書を理解し、益を受けるために、信仰を聖書の言葉と混ざり合わせなければならない「昼も夜も…… 思い巡らす」「思い巡らし」「よくよく考えます」「心が鈍く…信じない」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(40)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちは聖書を理解し、益を受けるために、信仰を聖書の言葉と混ざり合わせなければならない「昼も夜も…… 思い巡らす」「思い巡らし」「よくよく考えます」「心が鈍く…信じない」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(40)
どのように聖書を読むか【思い巡らし、よくよく考える】:「昼も夜も…… 思い巡らす」、「思い巡らし」、「よくよく考えます」(詩1:2、119・...