永遠の救い・その土台「主イエスは神の救いの門」「主イエスだけが神によって立てられた救い主」「キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた」:聖書の重要な真理【救い】(4)

永遠の救い【その土台】「わたしは門である。だれでもわたしを通って入る者は救われ」

ヨハネ10:9 わたしは門である.だれでもわたしを通って入る者は救われ、また入ったり出たりして、牧場を見いだす。

 主イエスは神の救いの門です。人々は彼を通って神の救いの中へと入らなければなりません。だれでも彼を通って入る者は、神の救いにあずかり、救われます。

永遠の救い【その土台】「この方のほかに、救いはありません。わたしたちが救われるべき名は、この名のほか、天下のだれにも与えられていないからです」

使徒4:12 この方のほかに、救いはありません。わたしたちが救われるべき名は、この名のほか、天下のだれにも与えられていないからです

 人々の間に聖人や英雄はいますが、主イエス以外に救い主はいません。彼のほかに救いはありません。わたしたちが救われるべき名は、尊いイエスの御名以外に、天下のだれにも与えられていません。ただ主イエスだけが神によって立てられた救い主です。彼はわたしたちの救い主として来られる神ご自身です。ただ彼だけがわたしたちの救いの土台です。彼の御名は、人々を救う、宇宙で唯一の信頼できる御名です。

永遠の救い 【その土台】 「キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた」

Iテモテ1:15 「キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた」という言は信実であって、全く受け入れるに値します.わたしはその罪人のかしらです。
ルカ19:10 人の子が来たのは、失われたものを尋ね出して救うためである」。

 主イエスは天におられる神でした。彼は肉体と成り、人となりました。なぜなら、彼は罪人の救い主となりたかったからです。ですから、人と成った神であるキリスト・イエスは、罪人が救われる土台であり、手段です。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
わたしたちが聖書を読んで理解したいなら、その霊の照らしを求めなければならない「その霊を通してそれらを啓示されました。その霊はすべての事柄、神の深みさえも探られるからです」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(37)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちが聖書を読んで理解したいなら、その霊の照らしを求めなければならない「その霊を通してそれらを啓示されました。その霊はすべての事柄、神の深みさえも探られるからです」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(37)
どのように聖書を読むか【聖霊の照らしを求める】:「その霊を通してそれらを啓示されました。その霊はすべての事柄、神の深みさえも探られるからです...
祈り読みによって、わたしたちは神のみこころを理解するだけでなく、聖書の内容の実際、すなわち神ご自身を享受することができる「叫び求めます…待ち望みます」「神の言葉を、すべての祈りと願い求めによって受け取りなさい」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(41)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
祈り読みによって、わたしたちは神のみこころを理解するだけでなく、聖書の内容の実際、すなわち神ご自身を享受することができる「叫び求めます…待ち望みます」「神の言葉を、すべての祈りと願い求めによって受け取りなさい」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(41)
どのように聖書を読むか【祈りを加える】:「叫び求めます…‥待ち望みます」(詩119:147) 詩篇119:147 わたしは夜明けに先立って目...
信者と聖書との関係:わたしたちは幼い時から、聖書からの照らしを受け、教えを受け、救いを受けるべき「幼い時から聖なる書に親しんできた」「エホバの書物を求めて読め」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(23)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは幼い時から、聖書からの照らしを受け、教えを受け、救いを受けるべき「幼い時から聖なる書に親しんできた」「エホバの書物を求めて読め」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(23)
当団体はエホバの証人とは一切関係ありません 「幼い時から聖なる書に親しんできた」(Ⅱテモテ3:15) Ⅱテモテ3:15 また幼い時から聖なる...