すべての諸国民を弟子とし、父と子と聖霊の名の中へと彼らをバプテスマして:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(13)

バプテスマする(バプティゾーβαπτίζω<baptizó>―マタイ3:6.28:19)

(回復訳)自分の罪を告白し、ヨルダン川で彼によってバプテスマされた

(回復訳)だから、行って、すべての諸国民を弟子とし、父と子と聖霊の名の中へと彼らをバプテスマして

主だった日本語訳聖書では「baptizó」を「バプテスマを受けた」、「洗礼を受けた」、「バプテスマを施し」、「バプテスマを授け」、「洗礼を授け」などと訳しています。聖書をお持ちの方は、お手元の聖書と比較してみてください。

ギリシャ語

καὶ ἐβαπτίζοντο ἐν τῷ Ἰορδάνῃ ποταμῷ ὑπ’ αὐτοῦ ἐξομολογούμενοι τὰς ἁμαρτίας αὐτῶν.


πορευθέντες οὖν μαθητεύσατε πάντα τὰ ἔθνη, βαπτίζοντες αὐτοὺς εἰς τὸ ὄνομα τοῦ Πατρὸς καὶ τοῦ Υἱοῦ καὶ τοῦ Ἁγίου Πνεύματος,

Strong's Concordance
baptizó: to dip, sink
Original Word: βαπτίζω
Part of Speech: Verb
Transliteration: baptizó
Phonetic Spelling: (bap-tid'-zo)
Definition: to dip, sink
Usage: lit: I dip, submerge, but specifically of ceremonial dipping; I baptize.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

「バプテスマは形式や儀式ではありません。それは、わたしたちとキリストとの一体化を表徴します。バプテスマを通して、わたしたちはキリストの中へと浸し込まれ、キリストをわたしたちの領域とします。それは、わたしたちがキリストの死と復活の中で、彼と一に結合されるためです」(ローマ6:3のフットノート1)。

「人々をバプテスマするとは、死を表徴する水の中へと人々を浸し、その中に葬ることです。バプテスマのヨハネがこれを行なったのは、悔い改める者が葬られる以外に何の役にも立たないことを示すためでした。さらに、バプテスマは、古い人が終わらされたことと、それによって新しい開始が復活の中で実際化され、命を与える方であるキリストによってもたらされることを表徴します。ですから、ヨハネの務めに続いて、キリストが来られたのです。ヨハネのバプテスマは、悔い改めた人を終わらせただけでなく、彼らをキリストへ導いて、彼らに命を得させました。聖書の中のバプテスマは、死と復活を暗示しています。水の中でバプテスマされるとは、死の中に入れられて、葬られることです。水から上げられることは、死から復活させられることを意味します」(マタイ3:6のフットノート1)。

「バプテスマは、悔い改めた人々を彼らの古い状態から新しい状態へもたらすことであり、彼らの古い命を終わらせて、キリストの新しい命を彼らに発芽させることによって、彼らが王国の民となるためです。バプテスマのヨハネの推薦の務めは、水だけによる準備のバプテスマで始まりました。今や、天の王が彼の務めを地上で成し遂げた後、死と復活の手順を経過し、命を与える霊と成って、弟子となった人たちを、三一の神の中へとバプテスマするよう弟子たちに命じられました。このバプテスマには二つの面、水による目に見える面と、聖霊による目に見えない面があります(使徒2:384110:44-48)。見える面は見えない面の表現、証しであり、見えない面は見える面の実際です。その霊による見えないバプテスマがなければ、水による見えるバプテスマはむなしいです。また水による見えるバプテスマがなければ、その霊による見えないバプテスマは抽象的であり、実際的ではありません。両方とも必要です。主は弟子たちにこのバプテスマを命じた後、間もなく、彼らと全召会を、聖霊の中でバプテスマしました(Ⅰコリント12:13)。……それは水の中にだけでなく、キリストの死の中へと(ローマ6:3-4)、キリストご自身の中へと(ガラテヤ3:27)、三一の神の中へと(マタイ28:19)、キリストのからだの中へと(Ⅰコリント12:13)です。キリストの死と埋葬を象徴する水は、バプテスマされる者の古い歴史を終わらせる墓と考えられます。キリストの死がキリストの中に含まれており、キリストはまさに三一の神の具体化であり(コロサイ2:9)、三一の神は最終的にキリストのからだと一であるので、新しい信者たちをキリストの死の中へと、キリストご自身の中へと、三一の神の中へと、キリストのからだの中へとバプテスマすることは、まさに一つの事を行なうことです。すなわち、消極面では彼らの古い命を終わらせることであり、積極面ではキリストのからだのために、彼らを新しい命、三一の神の永遠の命をもって生み出すことです」(マタイ28:19のフットノート3)。


無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
「これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人をご自身に和解させ…たのです…わたしたちは…あなたがたに懇願します。神に和解させられなさい」:聖書の重要な真理【神の愛―救いの源】(8)
聖書の重要な真理【神の愛】
「これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人をご自身に和解させ…たのです…わたしたちは…あなたがたに懇願します。神に和解させられなさい」:聖書の重要な真理【神の愛―救いの源】(8)
神の愛がわたしたちに救いを得させる :「 これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人...
朝、主の言に来て聖書を読むなら、それはわたしたちを供給して一日中わたしたちの必要に応じる「わたしは夜明けに先立って目覚め…わたしはあなたの言葉を待ち望みます。わたしの日は夜の見張りに先立って日覚め…思い巡らします」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(35)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
朝、主の言に来て聖書を読むなら、それはわたしたちを供給して一日中わたしたちの必要に応じる「わたしは夜明けに先立って目覚め…わたしはあなたの言葉を待ち望みます。わたしの日は夜の見張りに先立って日覚め…思い巡らします」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(35)
どのように聖書を読むか【朝起きる】:「わたしは夜明けに先立って目覚め…わたしはあなたの言葉を待ち望みます。わたしの日は夜の見張りに先立って日...
わたしたちは聖書の言葉を心に蓄えるべきであって、問題や 困難に遭遇する時だけ聖書の適用できる言葉を探すべきではない「食べました」「わたしは心にあなたの言葉を蓄え」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(27)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちは聖書の言葉を心に蓄えるべきであって、問題や 困難に遭遇する時だけ聖書の適用できる言葉を探すべきではない「食べました」「わたしは心にあなたの言葉を蓄え」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(27)
信者と聖書との関係: 「食べました」(エレミヤ15:16) エレミヤ15:16 あなたの言葉Sが見いだされて、わたしはそれを食べました.あな...