わたしたちが救われていることを知ることは、わたしたちに主を愛させ、罪から逃れさせる(1):聖書の重要な真理【救いの確信】(16)

わたしたちが救われていることを知ることは、わたしたちに主を愛させ、罪から逃れさせる

 多くの人は主を信じているのに、主を愛していません。多くの人は主を追い求めていますが、勝利の生活をすることを追い求めません。これには多くの理由がありますが、ある人たちにとって主要な理由とは、彼らは自分が救われていることを知らないということです。もし彼らが主の救いを受け入れ、彼の命を得て、主に属していることを確かに知っているなら、彼らは熱心に主を愛し、主を追い求め、聖なる生活をしたいと切に願うでしょう。

「こういうわけで、わたしたちはまた…彼に喜ばれようと懸命に努めています」(Ⅱコリント5:9)

 使徒たちは、わたしたちが主に喜ばれようと懸命に努めていると言いました。なぜなら、わたしたちは神からの、永遠の、天にある建物を得ることを知っているからです。すなわち、わたしたちは自分が救われており、天で主に会い、主の臨在を享受することを知っているからです。わたしたちはこのことを知っているので、自然に主に喜ばれようと懸命に努めているのです。

「キリストの愛がわたしたちに押し迫っているからです。そこでこう判断しました。ひとりの方がすべての人のために死なれたからには、すべての人が死んだのです。そして、彼がすべてのために死なれたのは、生きている者が、もはや自分自身にではなく、彼らのために死んで復活させられた方に生きるためです(Ⅱコリント5:14-15)

 わたしたちが主の救いを受け入れたことを知ることは、わたしたちに主の愛に対して感謝させ、またこの愛はわたしたちに押し迫って主を愛させ、彼に生きるようにさせます。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
今、わたしの魂は騒いでいる.わたしは何と言おうか?父よ、この時からわたしを救ってください。しかし、このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(112)
回復訳聖書と他の日本語訳聖書の比較
今、わたしの魂は騒いでいる.わたしは何と言おうか?父よ、この時からわたしを救ってください。しかし、このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(112)
魂(ψυχή<psuché>)―ヨハネ12:27 【回復訳】 今、わたしの魂は騒いでいる.わたしは何と言おうか?父よ、この時からわたしを救っ...