だれでも聖霊に逆らって語る者は、この時代であろうと来たるべき時代であろうと、彼は赦されることはない:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(53)

時代(αἰῶνι<aiōni>―マタイ12:32)

【回復訳】 また、だれでも人の子に逆らう言を語ったとしても、彼は赦されるであろう.しかし、だれでも聖霊に逆らって語る者は、この時代であろうと来たるべき時代であろうと、彼は赦されることはない。
【KG訳】 また人の子に対して言い逆らう者は、ゆるされるであろう。しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、このでも、きたるべきでも、ゆるされることはない。
【SK訳】 また、人の子に逆らうことばを口にする者でも、赦されます。しかし、聖霊に逆らうことを言う者は、だれであっても、このであろうと次に来るであろうと、赦されません。
【SKD訳】 人の子に言い逆らう者は赦される。しかし、聖霊に言い逆らう者は、このでも後のでも赦されることがない。」

ギリシャ語

καὶ ὃς ἐὰν εἴπῃ λόγον κατὰ τοῦ Υἱοῦ τοῦ ἀνθρώπου, ἀφεθήσεται αὐτῷ· ὃς δ’ ἂν εἴπῃ κατὰ τοῦ Πνεύματος τοῦ Ἁγίου, οὐκ ἀφεθήσεται αὐτῷ οὔτε ἐν τούτῳ τῷ αἰῶνι οὔτε ἐν τῷ μέλλοντι.(Nestle 1904)

Strong’s Concordance
aión: a space of time, an age
Original Word: αἰών, ῶνος, ὁ
Part of Speech: Noun, Masculine
Transliteration: aión
Phonetic Spelling: (ahee-ohn’)
Definition: a space of time, an age
Usage: an age, a cycle (of time), especially of the present age as contrasted with the future age, and of one of a series of ages stretching to infinity.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

『神の行政上の統治において、彼の赦しは経綸上のものです。彼の統治のために、彼はいくつかの時代を計画されました。キリストの最初の到来から永遠までの期間は、経綸上、三つの時代に分けられます。(1) この時代、現在の時代であって、キリストの最初の到来から彼の再来までです。(2) 来たるべき時代、千年王国であって、復興と天的支配のための一千年間、キリストの再来から古い天と古い地の終わりまでです。(3) 永遠、新天新地の永遠の時代です。この時代における神の赦しは、罪人の永遠の救いのためです。この赦しは、罪人と信者の両方に与えられます。来たるべき時代における神の赦しは、信者の経綸上の報いと関係があります。信者が救われた後に罪を犯し、しかも彼が死ぬ前、あるいは主の再来の前に、告白と主の血の清めを通して清められていないなら(Ⅰヨハネ1:7、9)、その罪はこの時代では赦されず、そのまま残って、キリストの裁きの座で裁かれます(Ⅱコリント5:10)。そのような場合、その信者は王国の褒賞を得ることができず、すなわち、天の王国の実現の時、キリストと共に栄光と喜びにあずかることがなく、この罪が清算されるために訓練されます。そして、来たるべき時代に赦されます(18:23-35)。この種の赦しは彼の永遠の救いを保持しますが、来たるべき王国の栄光と喜びにあずかるよう、彼を資格づけることはありません。』(マタイ12:32フットノート 2

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
日ごとの救い「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなしておられるからです」:聖書の重要な真理【救い】(15)
聖書の重要な真理【救い】
日ごとの救い「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなしておられるからです」:聖書の重要な真理【救い】(15)
【日ごとの救い】「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなして...