彼らの中に息を吹き込んで言われた、「聖霊を受けよ…」 :回復訳聖書と他の日本語訳との比較(149)

中に息を吹き込んで(ἐμφυσάωemphusaó>)―ヨハネ20:22

【回復訳】 ヨハネ20:22 彼はこう言って、彼らの中に息を吹き込んで言われた、「聖霊を受けよ。

他の日本語訳は「emphusaó」を「息を吹きかけて」と訳しています。 日本語訳聖書の比較はこちらのサイトから参照いただけます。

ギリシャ語

καὶ τοῦτο εἰπὼν ἐνεφύσησεν καὶ λέγει αὐτοῖς Λάβετε Πνεῦμα Ἅγιον.(Nestle 1904)

Strong's Concordance
emphusaó: to breathe into or upon
Original Word: ἐμφυσάω
Part of Speech: Verb
Transliteration: emphusaó
Phonetic Spelling: (em-foo-sah'-o)
Definition: to breathe into or upon
Usage: I breathe into, breathe upon.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

『聖霊:これはヨハネ7:39で期待され、14:16-17、26、15:26、16:7-8、13で約束されたその霊です。ですから、主が聖霊を弟子たちの中へ吹き込まれたことは、慰め主としての聖霊について主が約束されたことの成就でした。この成就は、使徒行伝第2章1節から4節におけるものとは異なります。それは、ルカによる福音書第24章49節での御父の約束の成就でした(参照、14:17のノート1)。使徒行伝第2章では、その霊は激しい突風のように、弟子たちの働きのために、彼らの上に力として臨みました(使徒1:8)。ここでは、その霊は息のように、弟子たちの命のために、命として彼らの中へ吹き込まれました。主はその霊を弟子たちの中に吹き込むことによって、ご自身を命またすべてとして彼らの中に分け与えられました。こうして、彼が第14章から第16章で語られたことは、すべて成就されたのです。
 地に落ちて死に、地から成長することが、麦粒を別の新しい生きた形へと造り変えるように、主の死と復活も、彼を肉からその霊へと変貌させました。彼は肉体にある最後のアダムとして、死と復活の手順を経て、命を与える霊と成られました(Ⅰコリント15:45)。彼は御父の具体化であり、その霊は彼の実現、実際です。彼はその霊として、弟子たちの中に息を吹き込まれました。彼はその霊として、彼の信者たちの中に受け入れられ、そして生ける水の川々のように、彼らから流れ出ます(7:38-39)。彼はその霊として、ご自身の死と復活を通して弟子たちに戻って来て、彼らの慰め主として彼らの中に入り、彼らの中に住み始められました(14:16-17)。彼はその霊として、弟子たちの中に生きることができ、また彼らは彼によって、彼と共に生きることができます(14:19)。彼はその霊として、弟子たちの中に住むことができ、彼らを彼の中に住まわせることができます(14:20.15:4-5)。彼はその霊として、御父と共に彼の愛する者に来て、彼と共に住まいを造ることができます(14:23)。彼はその霊として、彼であるすべてと、彼が持っておられるすべてを、弟子たちによって完全に実際化させることができます(16:13-16)。彼はその霊として来て、彼の兄弟たち、すなわち召会と共に集まり、御父の御名を彼らに言い表し、彼らのただ中で御父を賛美されました(ヘブル2:11-12)。御父が彼を遣わされたのと同じように、彼はその霊として、彼の弟子たちを、彼らの命またすべてとしての彼ご自身と共に、彼の使命のために遣わすことができます(21節)。こうして、彼らは彼のからだの交わりの中で、彼の権威をもって(23節)彼を代表し、彼の使命を遂行する資格があるのです。
 主は言でした。そして言は永遠の神です(1:1)。彼は神の永遠の定められた御旨を成就するために、二つの段階を取られました。第一に、彼は肉体と成る段階を経て、肉体にある人となり(1:14)、人のために贖いを成就する神の小羊となり(1:29)、人に神を明らかに示し(1:18)、御父を彼の信者たちに現されました(14:9-11)。第二に、彼は死と復活の段階を経て、その霊へと変貌されました。それは、彼が信者たちに、彼らの命またすべてとしてご自身を分与するためであり、神の多くの子たち、彼の多くの兄弟たちをもたらし、彼のからだ、召会、神の住まいを建造して、永遠にわたって三一の神を表現するためです。こうして、彼はもともと永遠の言でしたが、神の贖いを達成するために肉体と成られました。そして死と復活を通してその霊と成り、神の建造を完成するために、あらゆるものとなり、またあらゆることを行なわれます。
 この福音書は、主が以下のものであることを証ししています。すなわち、(1) 神(1:1-2.5:17-18.10:30-33.14:9-11.20:28)、(2) 命(1:4.10:10.11:25.14:6)、(3) 復活(11:25)です。第1章から第17章は、彼が人の間で神であることを証明します。人が、神である彼と対比しています。第18章から第19章は、彼が死の環境において命であることを証明します。死、あるいは死の環境が、命である彼と対比しています。第20章から第21章は、彼が旧創造、天然の命の中で、復活であることを証明します。旧創造、天然の命が、復活である彼と対比しています。その霊は復活の実際です。復活としての彼は、その霊においてのみ実際とされます。ですから結局、彼は復活の中のその霊です。彼は人々の間で神であり(第1章―第17章)、死の中で命であり(第18章―第19章)、復活の中でその霊です(第20章―第21章)。』(回復訳聖書 ヨハネ20:22フットノート1)

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
信者と聖書との関係:聖書を知り理解したいなら、言葉を愛し、それを思い巡らさなければならない「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」「わたしは彼の口の言葉を、わたしの割り当てられた食物よりも尊んだ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(21)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:聖書を知り理解したいなら、言葉を愛し、それを思い巡らさなければならない「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」「わたしは彼の口の言葉を、わたしの割り当てられた食物よりも尊んだ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(21)
信者と聖書との関係:「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」(詩119:97、参照、20節、1...