『…あなたがたは聖霊の中でバプテスマされる』と言われた主の言葉を思い出しました:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(155)

の中で(ἐν<en>)―使徒11:16

【回復訳】 使徒11:16 そしてわたしは、『ヨハネは水でバプテスマしたが、あなたがたは聖霊の中でバプテスマされる』と言われた主の言葉を思い出しました。

ここの「en」を他の日本語訳聖書は「によって」「」と訳しています。日本語訳聖書の比較はこちらのサイトから参照いただけます。

ギリシャ語

ἐμνήσθην δὲ τοῦ ῥήματος τοῦ Κυρίου, ὡς ἔλεγεν Ἰωάνης μὲν ἐβάπτισεν ὕδατι, ὑμεῖς δὲ βαπτισθήσεσθε ἐν Πνεύματι Ἁγίῳ.(Nestle 1904)

Strong's Concordance
en: in, on, at, by, with
Original Word: ἐν
Part of Speech: Preposition
Transliteration: en
Phonetic Spelling: (en)
Definition: in, on, at, by, with
Usage: in, on, among.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

『これ(聖霊の中でバプテスマされる)は、二つの区分において成し遂げられました。(1) すべてのユダヤ人信者は、ペンテコステの日に、聖霊の中でバプテスマされました(使徒2:4)。(2) すべての異邦人信者は、コルネリオの家でバプテスマされました(10:44-47.11:15-17)。この二つの区分で、キリストにあるすべての真の信者は、聖霊の中でキリストの一つからだの中へと一度で永遠に、宇宙的にバプテスマされました(Ⅰコリント12:13とノート1)。』(回復訳聖書 使徒1:5フットノート2

補足

聖霊の中でのバプテスマは、ペンテコステの日とコルネリオの家で主によって達成され、聖書はこの二つの事例だけを聖霊のバプテスマと呼んでいる

ペンテコステの日とコルネリオの家での出来事は、聖霊の中でのバプテスマの二つの段階を含んでおり、それらが一つになってその霊の中でのバプテスマを成就しました。これらの二つの出来事は按手を通して(使徒8:17.9:17.19:6)起こったのではありません。そうではなく、いずれの事例も、召会のかしらであるキリストが直接、彼のからだである召会(過去と現在のユダヤ人信者と異邦人信者を含む)を聖霊の中でバプテスマしました。このようにしてキリストは、聖霊のバプテスマについての約束を永遠に成就されたのです。聖霊の中でのバプテスマは、ペンテコステの日とコルネリオの家で主によって達成されました。それゆえに、聖書はこの二つの事例だけを聖霊のバプテスマと呼んでいます。これら二つの事例以外に、聖書は聖霊が人の上に下る経験を聖霊の中でのバプテスマと呼んでいません。なぜなら、聖霊の中でのバプテスマはペンテコステの日とコルネリオの家で完成されたからです。(聖書の重要な真理 第三巻 第二七章「聖霊で満たされる」から抜粋)

一つ霊の中で、わたしたちはみな一つの有機的実体、キリストのからだの中へとバプテスマされた

Iコリント12:13 なぜなら、わたしたちはユダヤ人もギリシャ人も、奴隷も自由人も、みな一つ霊の中で、一つからだの中へとバプテスマされ、みな一つ霊を飲むようにされたからです。

『その霊は、わたしたちの霊のバプテスマの領域と要素です。そのような霊の中で、わたしたちはみな一つの有機的実体、すなわちキリストのからだの中へとバプテスマされました。ですから、わたしたちはみな、人種、国籍、社会的地位に関係なく、この一つからだであるべきです。キリストはこのからだの命、構成要素であり、その霊はキリストの実際です。わたしたちはみなこの一つ霊の中で、この一つの生けるからだの中へとバプテスマされ、キリストを表現します。』(回復訳聖書Iコリント12:13フットノート1

主イエスによる霊の中でのバプテスマは、ペンテコステの日に天の王国を開始し、設立した

マタイ3:11 わたしはおまえたちが悔い改めるようにと、水の中でバプテスマする.しかし、わたしの後に来られる方は、わたしよりも力がある.わたしはその方のサンダルを持ち運ぶにも値しない.彼はおまえたちを、聖霊と火の中でバプテスマする.

『文脈によると、ここの火は、聖霊と関係のある使徒行伝第2章3節の火ではなく、マタイ第3章10節と12節と同じ火であり、火の池の火です(啓20:15)。この火の池の中で、未信者たちは永遠の滅びを被ります。ここでパリサイ人とサドカイ人に告げられたヨハネの言葉は、もしパリサイ人とサドカイ人が真に悔い改めて主を信じるなら、主は彼らを聖霊の中でバプテスマし、彼らは永遠の命を得ること、もし信じなければ、主は彼らを火の中でバプテスマし、すなわち彼らは火の池の中へと入れられ、永遠の刑罰を受けることを意味します。ヨハネのバプテスマは、人々を悔い改めさせ、主への信仰に導くだけでした。主のバプテスマは、人に聖霊の中で永遠の命を得させるか、あるいは人に火の中で永遠の滅びを受けさせるかのどちらかです。聖霊の中での主のバプテスマは、天の王国を開始し、彼の信者たちを天の王国の中にもたらします。しかし火の中での彼のバプテスマは天の王国を終結させ、未信者たちを火の池に投げ入れます。ですから、主の贖いに基づく聖霊の中での主のバプテスマは天の王国の開始であり、主の裁きに基づく火の中での主のバプテスマはその王国の終結です。こういうわけで、この節には三種類のバプテスマがあります。水の中でのバプテスマ、霊の中でのバプテスマ、火の中でのバプテスマです。ヨハネによる水の中でのバプテスマは、人々を天の王国へ導きました。主イエスによる霊の中でのバプテスマは、ペンテコステの日に天の王国を開始し、設立しました。この時代の終わりまでそれは続き、完成に至ります。大いなる白い御座の裁きにしたがった(啓20:11-15)火の中での主のバプテスマは、天の王国を終結させます。』(回復訳聖書マタイ3:11フットノート1

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
信者と聖書との関係: 「読む…聞いて…守る」(啓1:3、参照、使徒8:28、32) 啓1:3 この予言の言を読む者と、それを聞いて、その中に...
わたしたちが聖書を理解し、知りたいなら、わたしたちは開かれた思いと開かれた目を必要とする「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(36)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちが聖書を理解し、知りたいなら、わたしたちは開かれた思いと開かれた目を必要とする「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(36)
どのように聖書を読むか【主に求めてわたしたちの思いを開いていただく】:「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」(...