「彼は自分の奴隷たちを遣わして、その婚宴に招かれていた人たちを呼んだ」:聖書の重要な真理【神の愛―救いの源】(9)

神の愛がわたしたちに救いを得させる :「 彼は自分の奴隷たちを遣わして、その婚宴に招かれていた人たちを呼んだ 」( マタイ22:3 )

マタイ22:3 彼は自分の奴隷たちを遣わして、その婚宴に招かれていた人たちを呼んだが、彼らは来ようとしなかった。

 神は、豊かな宴席としての救いを用意されました。それが用意された後、神は自分の奴隷たちを遣わして、その宴席に出席し、ご自身の救いを享受するよう人々を招かれました。神が遣わしたしもべたちの第一のグループは、使徒たちでした。使徒たちの時代から、神は奴隷を遣わして、人々をご自身の救いの宴席に招くことを決してやめたことはありません。過去二世紀 において、神は多くのしもべたちをアフリカの未開の地、多くの太平洋諸島、アジアの国々に遣わして、福音を宣べ伝えさせました。多くの困難や危険にもかかわらず、これらのしもべたちはなおも他の人たちに福音を宣べ伝えに行きました。わたしは中国に来た西洋の何人かの宣教師たちの物語を読んだことがあります。彼らは中国であらゆる種類の困難に直面しましたが、 神の愛が彼らを促し、遣わしたので、それでもやはり来たのです。

 わたしたちが主に近づくとき、奥義的な力がわたしたちを押し出して、福音を宣べ伝えさせます。神は福音を愛されます。こういうわけで、もしわたしたちが進んで地の果てまで行って福音を宣べ伝えると主に告げるなら、わたしたちはとても幸いになるでしょう。神はご自身の愛によって出て行って、他の人たちを招き、神の救いを受け入れるように人々を促すことを喜ばれます。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
信者と聖書との関係: 「読む…聞いて…守る」(啓1:3、参照、使徒8:28、32) 啓1:3 この予言の言を読む者と、それを聞いて、その中に...
わたしたちが聖書を理解し、知りたいなら、わたしたちは開かれた思いと開かれた目を必要とする「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(36)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちが聖書を理解し、知りたいなら、わたしたちは開かれた思いと開かれた目を必要とする「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(36)
どのように聖書を読むか【主に求めてわたしたちの思いを開いていただく】:「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」(...
信者と聖書との関係:理解力を与えてくださるよう神に求め、神の奥義的な言、すばらしい聖書を学び知るために、把握する十分な能力を持つ「わたしの心を傾けさせ」「学ぶ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(22)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:理解力を与えてくださるよう神に求め、神の奥義的な言、すばらしい聖書を学び知るために、把握する十分な能力を持つ「わたしの心を傾けさせ」「学ぶ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(22)
信者と聖書との関係:「わたしの心を傾けさせ」(詩119:36、参照、112節) 詩篇119:32 わたしはあなたの戒めSの道を走ります.あな...
わたしたちは聖書を適切に知り、間違いを避けるために、境界にしたがって聖書の中の真理を真っすぐに裁断しなければならない「説き明かされた」「真理の言を真っすぐに裁断する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(31)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちは聖書を適切に知り、間違いを避けるために、境界にしたがって聖書の中の真理を真っすぐに裁断しなければならない「説き明かされた」「真理の言を真っすぐに裁断する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(31)
信者と聖書との関係: 「説き明かされた」(ルカ24:27、参照、32節、使徒18:24、26) ルカ24:27 そして、モーセとすべての預言...