来たるべき時代において永遠の命を得る「命の中で王として支配するという栄光は、死に至るまで忠信である者たちに与えられる」:聖書の重要な真理【永遠の命】(6)

命の中で王として支配するという栄光は、死に至るまで忠信である者たちに与えられる:「死に至るまで忠信であれ。そうすれば、わたしはあなたに命の冠を与える」(啓2:10)

啓示録2:10 あなたが受けようとしている苦しみを恐れてはいけない。見よ、あなたがたを試すために、悪魔はあなたがたのうちのある者を、獄へ投げ込もうとしている.あなたがたは十日の間、患難を受けるであろう。死に至るまで忠信であれ.そうすれば、わたしはあなたに命の冠を与える。

 主は死に至るまで忠信である者たちに、命の冠を与えると約束しています。冠は王として支配するという栄光の象徴です。命の冠は命の中で王として支配するという栄光の象徴です。こういうわけで、主が命の冠を与えるのは、彼が命の中で王として支配するという栄光を与えることを意味します。命の中で王として支配するという栄光は、死に至るまで忠信である者たちに与えられます。それは死に至るまで忠信であるという代価で買われます。これは今の時代に信仰によって得られる永遠の命の無代価の、恵みの賜物とは関係がありません。そうではなく、それは最高の代価を払うことに対する、来たるべき時代に得られる永遠の命の褒賞です。この褒賞は、来たるべき時代に命の中で王として支配するという栄光を享受することです。これは千年王国におけるものです。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
信者と聖書との関係:聖書を知り理解したいなら、言葉を愛し、それを思い巡らさなければならない「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」「わたしは彼の口の言葉を、わたしの割り当てられた食物よりも尊んだ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(21)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:聖書を知り理解したいなら、言葉を愛し、それを思い巡らさなければならない「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」「わたしは彼の口の言葉を、わたしの割り当てられた食物よりも尊んだ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(21)
信者と聖書との関係:「何とわたしは、あなたの律法を愛することでしょう!それは…わたしの思い巡らすものです」(詩119:97、参照、20節、1...