聖霊があなたがたの上に臨む時、あなたがたは力を受ける:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(128)

の上に(ἐπίepi>)―使徒1:8

【回復訳】 使徒1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨む時、あなたがたは力を受ける.そしてエルサレムにおいても、ユダヤ全土とサマリアにおいても、また地の果てまでも、わたしの証し人となる」。

ここの「epi」を新共同訳聖書、新改訳聖書は「の上に」と訳しています。他の日本語訳聖書は「に(くだる)」「に(降る)」と訳しています。日本語訳聖書の比較はこちらのサイトから参照いただけます。

ギリシャ語

ἀλλὰ λήμψεσθε δύναμιν ἐπελθόντος τοῦ Ἁγίου Πνεύματος ἐφ’ ὑμᾶς, καὶ ἔσεσθέ μου μάρτυρες ἔν τε Ἱερουσαλὴμ καὶ ἐν πάσῃ τῇ Ἰουδαίᾳ καὶ Σαμαρίᾳ καὶ ἕως ἐσχάτου τῆς γῆς.(Nestle 1904)

Strong's Concordance
epi: on, upon
Original Word: ἐπί
Part of Speech: Preposition
Transliteration: epi
Phonetic Spelling: (ep-ee')
Definition: on, upon
Usage: on, to, against, on the basis of, at.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

『「あなたがたの中に」(ヨハネ14:17)とは異なります。聖霊は、主の復活の日に弟子たちの中へと吹き込まれ(ヨハネ20:22)、彼らに対して本質上において命の霊(ローマ8:2)となりました。同じ聖霊が、ペンテコステの日に弟子たちの上に臨み、彼らに対してエコノミー上において力の霊となりました。ルカ第24章49節のノート4を参照。』(回復訳聖書 使徒1:8フットノート2

補足

ルカ24:49 見よ、わたしはわたしの父が約束されたものを、あなたがたの上に送る.ただ、あなたがたは、高い所から力を着せられるまで、都にとどまっていなさい」。

ヨエル第2章28節から29節の約束は、ペンテコステの日に成就しました(使徒1:4-5、82:1-4.2:16-18)。それは、エコノミー的に信者の務めのために、高い所からの力としてのその霊が、注がれるためでした。これは命の霊とは異なります。命の霊は、復活の日に復活した救い主によって、彼の内住のために弟子たちの中へ息吹かれました(ヨハネ20:22ノート1の第一段落)。それは、彼が本質的に彼らの命となるためです。』(回復訳聖書ルカ24:49フットノート1

『命の霊について、わたしたちは彼を息として吸い込む必要があります(ヨハネ20:22)。力の霊について、エリヤの外套で予表されたように(列王下2:913-15)、彼を制服として着る必要があります。前者は命の水のように、わたしたちが飲むことを必要とします(ヨハネ7:37-39)。後者はバプテスマの水のように、わたしたちが浸されることを必要とします(使徒1:5)。これらは、わたしたちの経験のための、一つの霊の二つの面です(Ⅰコリント12:13)。命の霊の内住は本質的なものであり、わたしたちの命と生活のためです。力の霊の注ぎはエコノミー的なものであり、わたしたちの務めと働きのためです。』(回復訳聖書ルカ24:49フットノート4

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
聖書の機能:聖書の言葉は水を注ぎ、新鮮にし、わたしたちを成長させ、実を結ぶようにする「雨のように…露のように…夕立のように」「雨や雪が…そのように」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(14)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
聖書の機能:聖書の言葉は水を注ぎ、新鮮にし、わたしたちを成長させ、実を結ぶようにする「雨のように…露のように…夕立のように」「雨や雪が…そのように」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(14)
聖書の機能:「雨のように…露のように…夕立のように」(申32:2) 申命記32:2 わたしの教えは雨のように降り注ぐ.わたしの語りかけは露の...
わたしたちが聖書を理解し、知りたいなら、わたしたちは開かれた思いと開かれた目を必要とする「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(36)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちが聖書を理解し、知りたいなら、わたしたちは開かれた思いと開かれた目を必要とする「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(36)
どのように聖書を読むか【主に求めてわたしたちの思いを開いていただく】:「わたしの目を開いて…不思議を、見ることができるようにしてください」(...