魂の命(ψυχὴ―マタイ10:39.16:25-26.マルコ8:35-37.ルカ9:24.14:26.17:33.ヨハネ12:25.啓12:11)

(回復訳)自分の魂の命を見いだす者はそれを失い、わたしのために自分の魂の命を失う者はそれを見いだす。
(KG訳)自分のを得ている者はそれを失い、わたしのために自分のを失っている者は、それを得るであろう。
(SK訳)自分のいのちを自分のものとした者はそれを失い、わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします。
(SKD訳)自分のを得ようとする者は、それを失い、わたしのためにを失う者は、かえってそれを得るのである。」

ギリシャ語

ὁ εὑρὼν τὴν ψυχὴν αὐτοῦ ἀπολέσει αὐτήν, καὶ ὁ ἀπολέσας τὴν ψυχὴν αὐτοῦ ἕνεκεν ἐμοῦ εὑρήσει αὐτήν.

解説

「魂の命を見いだすとは、魂に享受を持たせ、苦しみを逃れることです。魂の命を失うとは、魂に享受を失わせ、それによって苦しむことです。もし天の王に従う者たちがこの時代に、彼らの魂に享受を持たせるなら、来たるべき王国時代に、彼らの魂に享受を失わせることになります。彼らが王のために、この時代に魂に享受を失わせるなら、来たるべき王国時代に、魂に享受を得させます。すなわち、地を支配することで、王の喜びにあずかります(マタイ25:21、23)」(マタイ10:39のフットノート1)。

「ルカによる福音書第9章24節から25節で、『魂の命』が『自分』に置き換えられているのは、わたしたちの魂の命がわたしたち自身であることを示しています」(マタイ16:26のフットノート1)。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事