自分の魂の命を見いだす者はそれを失い、わたしのために自分の魂の命を失う者はそれを見いだす。:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(9)

魂の命(ψυχὴ<psuché>―マタイ10:39.16:25-26.マルコ8:35-37.ルカ9:24.14:26.17:33.ヨハネ12:25.啓12:11)

(回復訳)自分の魂の命を見いだす者はそれを失い、わたしのために自分の魂の命を失う者はそれを見いだす。

主だった日本語訳聖書では「psuché」を単に「命(いのち)」と訳しています。聖書をお持ちの方は、お手元の聖書と比較してみてください。

ギリシャ語

ὁ εὑρὼν τὴν ψυχὴν αὐτοῦ ἀπολέσει αὐτήν, καὶ ὁ ἀπολέσας τὴν ψυχὴν αὐτοῦ ἕνεκεν ἐμοῦ εὑρήσει αὐτήν.

Strong’s Concordance
psuché: breath, the soul
Original Word: ψυχή, ῆς, ἡ
Part of Speech: Noun, Feminine
Transliteration: psuché
Phonetic Spelling: (psoo-khay’)
Definition: breath, the soul
Usage: (a) the vital breath, breath of life, (b) the human soul, (c) the soul as the seat of affections and will, (d) the self, (e) a human person, an individual.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

「魂の命を見いだすとは、魂に享受を持たせ、苦しみを逃れることです。魂の命を失うとは、魂に享受を失わせ、それによって苦しむことです。もし天の王に従う者たちがこの時代に、彼らの魂に享受を持たせるなら、来たるべき王国時代に、彼らの魂に享受を失わせることになります。彼らが王のために、この時代に魂に享受を失わせるなら、来たるべき王国時代に、魂に享受を得させます。すなわち、地を支配することで、王の喜びにあずかります(マタイ25:21、23)」(マタイ10:39のフットノート1)。

ルカによる福音書第9章24節から25節で、『魂の命』が『自分』に置き換えられているのは、わたしたちの魂の命がわたしたち自身であることを示しています」(マタイ16:26のフットノート1)。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
どのように聖書を読むか【彼のみこころを決意して行なおうとする】:「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るで...