割礼は心の割礼であって、文字においてではなく、霊においてです(170)

霊において(ἐν πνεύματί<en pneumati >)―ローマ2:29

【回復訳】 ローマ2:29 むしろ内側でユダヤ人である者こそユダヤ人であり、また割礼は心の割礼であって、文字においてではなく、霊においてです.そして、その人の称賛は人からではなく、神から来るのです。

その他の翻訳は「en」を「によって」「による」と訳しています。岩波翻訳委員会訳は「en pneumati」を「霊における」と訳しています。日本語訳聖書の比較はこちらのサイトから参照いただけます。

ギリシャ語

ἀλλ’ ὁ ἐν τῷ κρυπτῷ Ἰουδαῖος, καὶ περιτομὴ καρδίας ἐν πνεύματι οὐ γράμματι, οὗ ὁ ἔπαινος οὐκ ἐξ ἀνθρώπων ἀλλ’ ἐκ τοῦ Θεοῦ.(Nestle 1904)

Strong's Concordance
en: in, on, at, by, with
Original Word: ἐν
Part of Speech: Preposition
Transliteration: en
Phonetic Spelling: (en)
Definition: in, on, at, by, with
Usage: in, on, among.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

Strong's Concordance
pneuma: wind, spirit
Original Word: πνεῦμα, ατος, τό
Part of Speech: Noun, Neuter
Transliteration: pneuma
Phonetic Spelling: (pnyoo'-mah)
Definition: wind, spirit
Usage: wind, breath, spirit.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

『すなわち、に基づいて。わたしたちは何であろうが、何を行なおうが、何を持とうが、すべて霊においてでなければなりません。これは宗教のむなしさからわたしたちを守ります(参照、1:9のノート2)。すべての霊的な事柄の実際は、神の霊にかかっています。そして神の霊は、わたしたちの霊の中にあります。ですから、すべての霊的な事柄の実際は、わたしたちの霊以外のどんなものでもなく、わたしたちの霊にかかっています。わたしたちの中にあるものが何であれ、それがわたしたちの霊の中にあるのでないなら、むなしいのです。わたしたちにとって神が何であるかのすべては、わたしたちの霊においてです。』(回復訳聖書 ローマ2:29フットノート2

補足

霊の中の内側の実際に欠ける

宗教がむなしいのは、霊の中の内側の実際に欠けるからです(ローマ2:29)。ローマ人への手紙第2章29節は、わたしたちが何であろうと、何をしようと、何を持とうと、すべて霊の中でなければならないと言っています。あなたがユダヤ人であり、割礼を受けているなら、あなたの割礼は霊の中でなければなりません。あなたがクリスチャンであり、バプテスマされているなら、あなたのバプテスマは霊の中でなければなりません。あらゆることが霊の中でなければなりません。ここの霊は、もちろん、人の霊です。なぜあらゆることが、わたしたちの霊の中でなされなければならないのでしょうか? それは、わたしたちの霊こそ、神が内住されることのできるわたしたちの内側の場所であるからです。霊は、神がわたしたちのために働くことのできる敷地、立場です。あなたがあなたの霊の中でクリスチャンであるなら、これは神と共にいるクリスチャンであることを意味します。あなたがあなたの霊の中で行動するなら、これはあなたが神と共に行動していることを意味します。神がなければ、すべてはむなしいです。神と共にあれば、すべでは実際です。ですから、わたしたちは自分の霊に戻らなければなりません。わたしたちが他の人を愛するなら、わたしたちの霊の中で愛さなければなりません。そうでないと、わたしたちの愛は本物ではありません。それは政略的な愛です。しかしながら、わたしたちの霊の中で愛するなら、わたしたちの愛は神と共にあります。夫であるあなたが妻に、あなたを愛していると言う時、これをあなたの霊をもって言う必要があります。もしあなたの愛が霊の中にないなら、それは詐欺であり、政略的な愛です。多くの妻は、夫の政略的な愛によって欺かれてきました。わたしはあなたに一言話すにも、わたしの霊の中で話さなければなりません。そうすれば、その言葉は神と共にある言葉です。そうでないと、政略的な話になるでしょう。わたしたちの霊は、神がわたしたちに触れ、わたしたちが神に触れることができる器官です。わたしたちであるすべて、わたしたちが行なうすべては、わたしたちの霊の中でなければなりません。これは宗教ではありません。これは実際です。

(新約ライフスタディ ローマ人への手紙 第四編「宗教のむなしさと全般的な絶望」より抜粋)

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
毎朝、二十分から三十分間、新約聖書の一つの章を読み、一、二節を選んで祈り読みし、毎日、三十分から四十分間、旧約聖書のおよそ三章を読み、一年で全聖書を読み通す:聖書の重要な真理【聖書を読む】(43)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
毎朝、二十分から三十分間、新約聖書の一つの章を読み、一、二節を選んで祈り読みし、毎日、三十分から四十分間、旧約聖書のおよそ三章を読み、一年で全聖書を読み通す:聖書の重要な真理【聖書を読む】(43)
聖書を読む実行上の方法【わたしたちは二冊の聖書を持つべき】  聖書を読むこともいくつかの実行上の点とかかわっています。わたしたちは二冊の聖書...
日ごとの救い「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなしておられるからです」:聖書の重要な真理【救い】(15)
聖書の重要な真理【救い】
日ごとの救い「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなしておられるからです」:聖書の重要な真理【救い】(15)
【日ごとの救い】「彼を通して神に進み出る者たちを、彼は極みまで救うことができるのです。なぜなら、彼はいつも生きていて、彼らのためにとりなして...