聖なる祭司の体系となって:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(26)

聖なる祭司の体系( ἱεράτευμα ἅγιον<hierateuma hagion> ―Iペテロ2:5)

【回復訳】 あなたがた自身も生ける石として、霊の家に建造されていきながら、聖なる祭司の体系となって、イエス・キリストを通して、神に受け入れられる霊のいけにえをささげなさい。

主だった日本語訳聖書では「hierateuma hagion」を「聖なる祭司」と訳しています。聖書をお持ちの方は、お手元の聖書と比較してみてください。

ギリシャ語

καὶ αὐτοὶ ὡς λίθοι ζῶντες οἰκοδομεῖσθε οἶκος πνευματικὸς εἰς ἱεράτευμα ἅγιον, ἀνενέγκαι πνευματικὰς θυσίας εὐπροσδέκτους Θεῷ διὰ Ἰησοῦ Χριστοῦ.

解説

「聖なる祭司の体系は、霊の家です。新約聖書には三つのギリシャ語が、祭司に関して用いられています。一つはヒエロスネ(hierosune)で、ヘブル人への手紙第7章12節にあるように、祭司の務めのことを言います。もう一つはヒエラテイア(hierateia)で、ヘブル人への手紙第7章5節にあるように、祭司の奉仕のことを言います。さらにもう一つはヒエラテウマ(hierateuma)で、この節と9節にあるように、祭司の集合、祭司の団体、祭司の体系のことを言います。組み合わされた祭司の団体が、建造された霊の家です。ペテロは彼の二つの手紙を召会にあてたのではなく、この節で信者たちの団体的生活を強調するのに「召会」という言葉を用いていませんが、「霊の家」また「聖なる祭司の体系」という用語を用いて、召会生活を示しました。神の目的を成就し、その願いを満たし得るのは、個人的な霊の生活ではなく、団体的な霊の生活です。神は彼の住まいのための霊の家、彼の奉仕のための祭司の一団、祭司の体系を求めておられます。組み合わされた信者の団体的奉仕に関するペテロの見解は、ローマ人への手紙第12章でのパウロと同じです。この奉仕は、霊の生活の三つの重要な段階から出てきます。それは、新しく生まれること(2節前半)、キリストで養われて命の中で成長すること(2節後半)、信者たちと共に建造されることです。」(Iペテロ2:5のフットノート7)。

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
どのように聖書を読むか【彼のみこころを決意して行なおうとする】:「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るで...
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
信者と聖書との関係: 「読む…聞いて…守る」(啓1:3、参照、使徒8:28、32) 啓1:3 この予言の言を読む者と、それを聞いて、その中に...