わたしは主日に霊の中にいた:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(8)

霊の中(in spirit, ἐν πνεύματι―啓1:10)

(回復訳)わたしは主日に霊の中にいた
(KG訳)わたしは主の日に御霊に感じた
(SK訳)私は、主の日に御霊に感じ
(SKD訳)ある主の日のこと、わたしは”霊”に満たされていた
【SKD訳で”霊”は神の霊を指す―冒頭の凡例より】

ギリシャ語

ἐγενόμην ἐν Πνεύματι ἐν τῇ κυριακῇ ἡμέρᾳ, καὶ ἤκουσα ὀπίσω μου φωνὴν μεγάλην ὡς σάλπιγγος

解説

「本書は、……わたしたちの人の霊をも強調しています。人の霊は、神の行動を認識し、それに応答するための器官です。ただわたしたちの霊だけが、神の霊に応答することができます。……ヨハネは彼の霊の中にいた時、四つのビジョン(諸召会、この世の運命、大いなるバビロン、新エルサレム)を見ました(啓1:10.4:2.17:3.21:10)」(啓1:10のフットノート1)。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事