永遠の救い・その方法【バプテスマ】「信じてバプテスマされる者は救われる」「その水はバプテスマの予表であって、イエス・キリストの復活を通して、今やあなたがたをも救うのです」:聖書の重要な真理【救い】(8)

救いの方法【バプテスマ】「信じてバプテスマされる者は救われる」

マルコ16:16 信じてバプテスマされる者は救われる.しかし、信じない者は罪に定められる。

 この箇所は「信じる者は救われる」と言っていません。それは、「信じてバプテスマされる者は救われる」と言っています。信仰は救いと関係があり、バプテスマは救いと関係があります。信じることは内側のことであり、それは人が信仰を活用して主の救いを受け入れることと関係があります。バプテスマは外側のことであり、それは人が主の救いを受け入れるのを認めることと関係があります。信じることとバプテスマされることは、主の完全な救いを受け入れるための完全な一歩です。人が単に信じるだけでバプテスマされないなら、彼は主の完全な救いに対して半歩を取ったにすぎません。主の救いには多くの要素があります。あるものは信仰によって受け入れられ、あるものはバプテスマを通して得られます。わたしたちが単に信じるだけでバプテスマされないなら、わたしたちは主の完全な救いのただ一部分を受け入れることができるだけです。わたしたちは神の完全な救いを受け入れたいなら、信じてバプテスマされなければなりません。

「その水はバプテスマの予表であって、イエス・キリストの復活を通して、今やあなたがたをも救うのです」

Iペテロ3:21 その水はバプテスマの予表であって、イエス・キリストの復活を通して、今やあなたがたをも救うのです.バプテスマは肉の汚れを除き去ることではなく、神に対して正しい良心を求めることです.

 ノアと彼の八人の家族は箱船に入り、洪水の滅びから救われました。箱船の内側で彼らはまた洪水を経過し、神に反逆した腐敗した世代から洪水によって救われました。同様に、わたしたちは信仰を通してキリストの中へと入り、神の激怒の裁きを免れました。しかしながら、わたしたちはまたバプテスマを経過して、バプテスマによって曲がったよこしまな世代から救われる必要があります。洪水が箱船の中にいるノアの家族のメンバーを古い世界から分離して、新しい世界に入らせたように、バプテスマもまたキリストにあるわたしたちを信仰によって旧創造から分離し、新しい領域の中へと入らせました。腐敗したこの世から救われるために、わたしたちはバプテスマされなければなりません。主の救いのこの面は、信じることによって受け入れられることはできません。わたしたちは信じてバプテスマされて、それを得る必要があります。

信仰、呼ぶこと、告白すること、バプテスマは、四つの相互に連結した事柄

 信仰、呼ぶこと、告白すること、バプテスマは、四つの相互に連結した事柄であり、主の救いを受け入れる完全な方法を構成します。それらは主の救いを受け入れる一つの完全な一歩です。わたしたちはこれら四つの事柄を持つなら、完全に救われます。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
「これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人をご自身に和解させ…たのです…わたしたちは…あなたがたに懇願します。神に和解させられなさい」:聖書の重要な真理【神の愛―救いの源】(8)
聖書の重要な真理【神の愛】
「これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人をご自身に和解させ…たのです…わたしたちは…あなたがたに懇願します。神に和解させられなさい」:聖書の重要な真理【神の愛―救いの源】(8)
神の愛がわたしたちに救いを得させる :「 これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人...
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
どのように聖書を読むか【彼のみこころを決意して行なおうとする】:「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るで...