永遠の救い・その方法【告白する】「イエスが主であることを口で告白する」:聖書の重要な真理【救い】(7)

救いの方法【告白する】「口で告白して救われる」

ローマ10:9-10 すなわち、あなたが自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神は彼を死人の中から復活させたと信じるなら、あなたは救われます.なぜなら、人は心で信じて義とされ、口で告白して救われるからです。

 人が主を信じるなら、主を告白しなければなりません。信じることは、心の中でイエスが救い主であることを信じることであり、告白することは、イエスが主であることを口で告白することです。信仰は神の御前で人の心の中であり、告白は他の人々の前で人の口をもってです。神の御前で、わたしたちは心の中で信じるとすぐに救われますが、他の人たちの前で口で告白して、わたしたちが信じて救われていることを示さなければなりません。わたしたちは心の中で信じても、口で告白しないなら、神と人の両方の前で問題を持ちます。わたしたちは神と人の両方の前で完全な救いを得たいなら、心で信じ、口で告白しなければなりません。

口で告白するとは、人に侮られ、捨てられたイエスが主であると告白すること

ローマ10:10 なぜなら、人は心で信じて義とされ、1口で告白して救われるからです。

回復訳聖書 ローマ10:10フットノート1

 心で信じるのは、神に向かってです。口で告白するのは、人に対してです。心で信じるとは、神が栄光を与え、死人の中から復活させられたキリストを信じることです。口で告白するとは、人に侮られ、捨てられたイエスが主であると告白することです。いずれも、わたしたちが義とされ、救われるための条件です。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
来たるべき時代において永遠の命を得る「主は千年王国における永遠の命の享受を、今日ご自身のためにすべてのものを捨てる者たちに対する褒賞として定められた」:聖書の重要な真理【永遠の命】(5)
聖書の重要な真理【永遠の命】
来たるべき時代において永遠の命を得る「主は千年王国における永遠の命の享受を、今日ご自身のためにすべてのものを捨てる者たちに対する褒賞として定められた」:聖書の重要な真理【永遠の命】(5)
主は千年王国における永遠の命の享受を、今日ご自身のためにすべてのものを捨てる者たちに対する褒賞として定められた 来たるべき時代において、すな...
信者と聖書との関係:わたしたちは幼い時から、聖書からの照らしを受け、教えを受け、救いを受けるべき「幼い時から聖なる書に親しんできた」「エホバの書物を求めて読め」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(23)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは幼い時から、聖書からの照らしを受け、教えを受け、救いを受けるべき「幼い時から聖なる書に親しんできた」「エホバの書物を求めて読め」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(23)
当団体はエホバの証人とは一切関係ありません 「幼い時から聖なる書に親しんできた」(Ⅱテモテ3:15) Ⅱテモテ3:15 また幼い時から聖なる...
環境上の救い「わたしは獅子の口から救い出されました。主はわたしをあらゆる邪悪な働きから救い出して…くださいます」「エホバの御使いは彼を畏れる者の周りに陣を敷き、彼は彼らを救い出される」:聖書の重要な真理【救い】(18)
聖書の重要な真理【救い】
環境上の救い「わたしは獅子の口から救い出されました。主はわたしをあらゆる邪悪な働きから救い出して…くださいます」「エホバの御使いは彼を畏れる者の周りに陣を敷き、彼は彼らを救い出される」:聖書の重要な真理【救い】(18)
【環境上の救い】「わたしは獅子の口から救い出されました。主はわたしをあらゆる邪悪な働きから救い出して…くださいます」(Ⅱテモテ4:17-18...
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
進んで代価を払って時間を費やし、労力を尽くして、熱心に聖書を調べ、研究しようとしない者は、聖書の多くを、特にその深みを理解することができない「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るであろう」「調べている」「熱心に研究する」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(39)
どのように聖書を読むか【彼のみこころを決意して行なおうとする】:「だれでも彼のみこころを決意して行なおうとするなら、その教えについて…知るで...