日ごとの救い「あなたがた自身の救いを成し遂げなさい」:聖書の重要な真理【救い】(14)

 聖書の中で語られている第二の種類の救いは、日ごとの救いです。これはわたしたちの救いの生活であり、それはわたしたちの救いの後、わたしたちが日ごとに主に依り頼むことによって生かし出されます。

【日ごとの救い】「あなたがた自身の救いを成し遂げなさい」(ピリピ2:12)

ピリピ2:12 そういうわけで、わたしの愛する人たちよ、あなたがたがいつも従順であったように、わたしが一緒にいる時だけでなく、わたしがいない今はなおさら、恐れとおののきをもって、あなたがた自身の救いを成し遂げなさい.

 「あなたがたの救いの働きを遂行しなさい」と言う中国語の訳は、この節の意味を伝えていません。新約聖書全体の原文にはそのような文章はありません。また聖書の中にはそのような思想はありません。わたしたちの救いは、わたしたちが働いて遂行することができるものではありません。そうではなく、わたしたちは神の恵みを通して無代価でそれを得ます。わたしたちの救いが、わたしたちが働いて遂行することのできるものであったなら、それはわたしたち自身の働きからのものでしょう。神の御言ははっきりと述べていますが、わたしたちが救われたのは、わたしたちの働きによらず、神の恵みによります。「あなたがた自身の救いを成し遂げなさい」の意味は、わたしたちがすでに受け入れた救いを生かし出すべきであるということです。わたしたちは救いを受け入れました。今やわたしたちはそれを生かし出す必要があります。

 わたしたちは信じるとすぐに神の救いを受け入れるので、わたしたちの永遠の救いの問題は解決されます。しかしながら、永遠に救われた後、わたしたちはやはり神の救いを生かし出さなければなりません。神の救いにおける主要な要素は、神聖な命と神ご自身です。ですから、神の救いを生かし出すことは、おもに神ご自身の命を生かし出すことを意味します。これはわたしたちが信じるとすぐに行なうことができるものではありません。それは畏れとおののきを伴う従順を要求します。わたしたちが救いを受け入れるのは信仰によってであり、わたしたちはそれを一度で永遠に受け入れます。わたしたちが救いを生かし出すのは従順によってであり、わたしたちは畏れとおののきの中で、日ごとに、瞬間ごとにさえ、これを成し遂げなければなりません。

 わたしたちが救われるとすぐ、神はわたしたちの中へと入り、わたしたちの救いとなります。わたしたちが救われた後、神の大いなる喜びを完成するために、願わせ働かせることは、わたしたちの内側の神の活動にしたがっています。ですから、わたしたちは毎日、畏れとおののきの中でわたしたちの内側の神の活動に従わなければなりません。それは、わたしたちを曲がったよこしまな世代のただ中で、責められるところのない、たくらみのない、すなわち傷のない神の子供たちとし、彼らの間でわたしたちが発光体のように輝き、神の命を現します(ピリピ2章12―16節)。これが、わたしたちの中でわたしたちの救いとして生きておられる神を生かし出す方法であり、またこれが、わたしたちが受け入れた救いを生かし出す方法です。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
永遠の救い・その証明「罪の赦しによって、彼の民に救いの知識を与えます」、救いの証し「バプテスマは肉の汚れを除き去ることではなく、神に対して正しい良心を求めることです」:聖書の重要な真理【救い】(10)
聖書の重要な真理【救い】
永遠の救い・その証明「罪の赦しによって、彼の民に救いの知識を与えます」、救いの証し「バプテスマは肉の汚れを除き去ることではなく、神に対して正しい良心を求めることです」:聖書の重要な真理【救い】(10)
救いの証明「罪の赦しによって、彼の民に救いの知識を与えます」 ルカ1:77 罪の赦しによって、彼の民に救いの知識を与えます. Iヨハネ5:1...
毎朝、二十分から三十分間、新約聖書の一つの章を読み、一、二節を選んで祈り読みし、毎日、三十分から四十分間、旧約聖書のおよそ三章を読み、一年で全聖書を読み通す:聖書の重要な真理【聖書を読む】(43)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
毎朝、二十分から三十分間、新約聖書の一つの章を読み、一、二節を選んで祈り読みし、毎日、三十分から四十分間、旧約聖書のおよそ三章を読み、一年で全聖書を読み通す:聖書の重要な真理【聖書を読む】(43)
聖書を読む実行上の方法【わたしたちは二冊の聖書を持つべき】  聖書を読むこともいくつかの実行上の点とかかわっています。わたしたちは二冊の聖書...