どんな時にも霊の中で祈り:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(7)

霊の中(in spirit, ἐν πνεύματι―エペソ6:18)

(回復訳)どんな時にも霊の中で祈り。
(KG訳)どんな時でも御霊によって祈り。
(SK訳)どんなときにも御霊によって祈りなさい。
(SKD訳)どのような時にも、”霊”に助けられて祈り。
【SKD訳で”霊”は神の霊を指す―冒頭の凡例より】

ギリシャ語

διὰ πάσης προσευχῆς καὶ δεήσεως, προσευχόμενοι ἐν παντὶ καιρῷ ἐν Πνεύματι, καὶ εἰς αὐτὸ ἀγρυπνοῦντες ἐν πάσῃ προσκαρτερήσει καὶ δεήσει περὶ πάντων τῶν ἁγίων,

解説

「これ(霊)は、神の霊が内住している、わたしたちの再生された霊です。それはミングリングされた霊、わたしたちの霊と神の霊がミングリングされた霊と考えられます。祈りの中で、わたしたちが用いるべき主要な器官は、この霊です」(エペソ6:18のフットノート3)。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
わたしたちが聖書を読んで理解したいなら、その霊の照らしを求めなければならない「その霊を通してそれらを啓示されました。その霊はすべての事柄、神の深みさえも探られるからです」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(37)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
わたしたちが聖書を読んで理解したいなら、その霊の照らしを求めなければならない「その霊を通してそれらを啓示されました。その霊はすべての事柄、神の深みさえも探られるからです」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(37)
どのように聖書を読むか【聖霊の照らしを求める】:「その霊を通してそれらを啓示されました。その霊はすべての事柄、神の深みさえも探られるからです...
信者と聖書との関係:理解力を与えてくださるよう神に求め、神の奥義的な言、すばらしい聖書を学び知るために、把握する十分な能力を持つ「わたしの心を傾けさせ」「学ぶ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(22)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:理解力を与えてくださるよう神に求め、神の奥義的な言、すばらしい聖書を学び知るために、把握する十分な能力を持つ「わたしの心を傾けさせ」「学ぶ」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(22)
信者と聖書との関係:「わたしの心を傾けさせ」(詩119:36、参照、112節) 詩篇119:32 わたしはあなたの戒めSの道を走ります.あな...
「これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人をご自身に和解させ…たのです…わたしたちは…あなたがたに懇願します。神に和解させられなさい」:聖書の重要な真理【神の愛―救いの源】(8)
聖書の重要な真理【神の愛】
「これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人をご自身に和解させ…たのです…わたしたちは…あなたがたに懇願します。神に和解させられなさい」:聖書の重要な真理【神の愛―救いの源】(8)
神の愛がわたしたちに救いを得させる :「 これらすべてのものは、神から出ています。彼はキリストを通して、わたしたちをご自身に和解させ…世の人...