どんな時にも霊の中で祈り:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(7)

霊の中(in spirit, ἐν πνεύματι<en Pneumati>―エペソ6:18)

(回復訳)どんな時にも霊の中で祈り。
(KG訳)どんな時でも御霊によって祈り。
(SK訳)どんなときにも御霊によって祈りなさい。
(SKD訳)どのような時にも、”霊”に助けられて祈り。
【SKD訳で”霊”は神の霊を指す―冒頭の凡例より】

ギリシャ語

διὰ πάσης προσευχῆς καὶ δεήσεως, προσευχόμενοι ἐν παντὶ καιρῷ ἐν Πνεύματι, καὶ εἰς αὐτὸ ἀγρυπνοῦντες ἐν πάσῃ προσκαρτερήσει καὶ δεήσει περὶ πάντων τῶν ἁγίων,

Strong’s Concordance
en: in, on, at, by, with
Original Word: ἐν
Part of Speech: Preposition
Transliteration: en
Phonetic Spelling: (en)
Definition: in, on, at, by, with
Usage: in, on, among.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

Strong’s Concordance
pneuma: wind, spirit
Original Word: πνεῦμα, ατος, τό
Part of Speech: Noun, Neuter
Transliteration: pneuma
Phonetic Spelling: (pnyoo’-mah)
Definition: wind, spirit
Usage: wind, breath, spirit.

こちらのサイトを引用させて頂きました:Bible Hub

解説

「これ(霊)は、神の霊が内住している、わたしたちの再生された霊です。それはミングリングされた霊、わたしたちの霊と神の霊がミングリングされた霊と考えられます。祈りの中で、わたしたちが用いるべき主要な器官は、この霊です」(エペソ6:18のフットノート3)。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事