聖書の機能:「雨のように…露のように…夕立のように」(申32:2)

申命記32:2 わたしの教えは雨のように降り注ぐ.わたしの語りかけは露のようにしたたる.若草の上の小雨のように、青草の上の夕立のように。

 聖書の言葉は雨、露、夕立のようです。それはわたしたちに水注ぎし、わたしたちを新鮮にします。雨は一般的な水注ぎであり、露は優しく新鮮にするものであり、夕立は特別な水注ぎです。聖書の言葉は特にわたしたちが神の農場であること(Iコリント3:9)、神が栽培する収穫であること(マルコ4:20、Iコリント3:6)に関連してこれらの機能を明らかにしています。聖書の言葉は雨、露、夕立のようです。それはわたしたちに水注ぎし、わたしたちを新鮮にします。それによってわたしたちは成長し、実を結ぶことができます。

聖書の機能:「雨や雪が…そのように…わたしの言葉も…」(イザヤ55:10-11)

イザヤ55:10-11 まことに、雨や雪が天から降って、天に戻らず、地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させて、種をまく者に種を与え、食べる者に糧を与える.そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も、むなしくわたしに帰らない.それは、わたしが喜ぶことを成し遂げ、わたしが送った事を栄えさせる。

 聖書の言葉は雨のようであるだけでなく、雪のように新鮮にします。雨は春、夏、秋に降りますが、雪は冬に降ります。雨が新鮮にすることは速やかで、手短ですが、雪が新鮮にすることはゆっくりであり、続くものです。これらの比較は、聖書の言葉がわたしたちの状態のあらゆる時期にわたしたちを新鮮にすることができることをわたしたちに思い起こさせます。ときどき、わたしたちは雨のように速やかで、手短な新鮮さを必要とします。別のときには、わたしたちは雪のようにゆっくりと、より長く新鮮にするものを必要とします。新鮮にすることが雨のようであっても、雪のようであっても、言葉はわたしたちを成長させて、実を結ばせ、神の喜ぶことをわたしたちの上で成し遂げます(十一節)。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事