神の愛は救いの源である : 「神は…愛された」(ヨハネ3:16)

ヨハネ3:16 神はそのひとり子を賜わったほどに、世の人を愛された.それは、彼の中へと信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を持つためである。

 人の状態は、人が救いを必要することを語っています。救いの源は神の愛です。神の愛は神の救いの源です。もし神が愛を持っていないなら、人に救いはないでしょう。 神の愛とは何でしょうか? 神の愛は神の心です。神は彼の性質において義であり、聖ですが、神の心は愛です。神は物事をご自身の義なる手続きにしたがって、またご自身の聖なる性質に一致して行なわなければなりません。神の義にしたがって、罪人は裁かれるにふさわしい だけです。神の聖にしたがえば、そのような汚れた者たちは神の御前に倒れて死ぬに値するだけです。神の義はわたしたちを罪定めし、神の聖はわたしたちを拒絶しますが、神の心はわたしたちを愛します。神はただわたしたちを愛するだけではありません。神はわたしたちを「 … 愛され」ます。神はわたしたちを愛されるので、そのひとり子を与えて、わたしたちのために救いを用意されたのです。

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事