わたしたちは聖書を理解し、益を受けるために、信仰を聖書の言葉と混ざり合わせなければならない「昼も夜も…… 思い巡らす」「思い巡らし」「よくよく考えます」「心が鈍く…信じない」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(40)

どのように聖書を読むか【思い巡らし、よくよく考える】:「昼も夜も…… 思い巡らす」、「思い巡らし」、「よくよく考えます」(詩1:2、119・15、95、参照、マタイ9:13)

詩篇1:2 彼の喜びはエホバの律法にあり、昼も夜も、彼はその律法を思い巡らす。
詩篇119:15 わたしはあなたの教訓を思い巡らし、あなたの路を重んじます。
詩篇119:95 悪しき者たちはわたしを待ち伏せて、わたしを滅ぼそうとしています.しかし、わたしはあなたの証しをよくよく考えます。
マタイ9:13 『わたしが望むのはあわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味なのか、行って学んできなさい.わたしが来たのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」。

 わたしたちは聖書を読むとき、思い巡らし、よくよく考える必要があります。時にはわたしたちは御言を思い巡らす必要があります。これは注意深さと時間を必要とします。それはまた静かに集中することを必要とします。多くの時、わたしたちは聖書を理解し、その本質に触れるために、思い巡らし、注意深くよくよく考え、静かに集中する必要があります。

どのように聖書を読むか【 信じる】:「心が鈍く…信じない」(ルカ24:25、参照、ヨハネ2:22)

ルカ24:25 そこで、イエスは彼らに言われた、「ああ、愚かで心が鈍く、預言者たちが言ったすべての言葉を信じない者たちよ!
ヨハネ2:22 こういうわけで、イエスが死人の中から復活させられた時、弟子たちは、彼がこう言われたことを思い出して、聖書とイエスが語られた言を信じた。

 わたしたちは聖書を読むとき、信じなければなりません。時にはわたしたちは理解し、それから信じ、受け入れます。時にはわたしたちは信じ、受け入れ、それから理解します。どの場合でも、わたしたちは常に信じなければなりません。だれでも信仰の中で聖書を読まない者、だれでも心が鈍く信じない者は、聖書を明確な方法で理解することができません。たとえわたしたちがある箇所を理解することができたとしても、あまり多くの益を受けないでしょう。わたしたちは聖書を理解し、益を受けるために、信仰を聖書の言葉と混ざり合わせなければなりません(ヘブル4:2)。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
聖書の力、保証:聖書の言葉は過ぎ去ることはあり得ず、まただれもそれを滅ぼすことはできない「永遠にわたしの嗣業」「神の言葉に不可能なことはない」「一点一画も決して過ぎ去ることはなく」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(20)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
聖書の力、保証:聖書の言葉は過ぎ去ることはあり得ず、まただれもそれを滅ぼすことはできない「永遠にわたしの嗣業」「神の言葉に不可能なことはない」「一点一画も決して過ぎ去ることはなく」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(20)
聖書の力、保証:「永遠にわたしの嗣業」(詩119:111) 詩篇119:111 あなたの証しSは永遠にわたしの嗣業です.まことに、それらはわ...
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
信者と聖書との関係:わたしたちは主に求めて、思いを開いていただき、聖書を理解するために天然の知性を超越した理解力を与えていただくべき「読む…聞いて…守る」「イエスは彼らの思いを開いて、彼らが聖書を理解できるようにされた」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(24)
信者と聖書との関係: 「読む…聞いて…守る」(啓1:3、参照、使徒8:28、32) 啓1:3 この予言の言を読む者と、それを聞いて、その中に...