聖書の起源:「神の息吹かれたもの」(Ⅱテモテ3:16)

IIテモテ3:16 聖書はすべて、神の息吹かれたものであり、人を教え、戒め、矯正し、義の中で訓練するのに益があります.

 聖書は神の息吹かれたものです。聖書は人の発想や思想から来るものではありません。そうではなく、聖書は神の思想と神の言葉を内容としており、神の霊を通して人の中へと息吹き込まれ、それから書かれたものです。

聖書の起源:「人々が聖霊に動かされて、神によって語り出した」(IIペテロ1:21)

IIペテロ1:21 なぜなら、かつてどの預言も、人の意志によってもたらされたのではなく、人々が聖霊に動かされて、神によって語り出したからです。

 聖書は神の霊を通して息吹き出された神の言葉であるので、聖書の言葉は人の発想を表しているのではありません。そうではなく、それは聖霊に動かされた人々への神からの言葉です。これらの人は聖霊に動かされて語りました。それは、ちょうどヨットが風に吹かれて、動かされ、進んでいくようなものです。聖書を書いた人たちは聖霊によって霊感を受け、聖霊の力の下にありました。彼らは聖霊によって吹かれ、動かされて、神の言葉を表現しました。聖書はただ人々から出たものでなく、人々の観念を表しているのではありません。そうではなく、これらの人は神から出て来た言葉を書いたのです。

前の特集記事:聖書の重要な真理【神の愛】  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事