Q.新約聖書で読書感想文を書くには、どこの箇所がおすすめですか?
Q.新約聖書で読書感想文を書くには、どこの箇所がおすすめですか?
A.参考程度のおすすめですが、始めに読む書としてはイエス・キリストの歩みが書かれている四つの福音書(マタイによる福音書、マルコによる福音書、ルカによる福音書、ヨハネによる福音書)がおすすめです。

他には使徒たちの歩みが書かれた使徒行伝がありますが、使徒行伝は福音書を読んでいなければ理解できません。書簡(ローマ、コリント、ガラテヤ、エペソ、ピリピ、コロサイ、テサロニケ、ピレモン、ヘブル、ヤコブ、ペテロ、ヨハネ、ユダ)は特定の人たちに対する手紙ですので、感想文は書きにくいかと思います。他に啓示録(黙示録)が時系列的な並びとなっていますが、啓示録は全聖書の結論ですので、これも新約聖書の福音書、使徒行伝、書簡に加え旧約聖書も読み、理解しなければ、感想文が書ける程度に理解するのは難しいと思います。以上の理由から、初めは福音書から読まれることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ナザレ人イエスは、神があなたがたの中で、彼を通して行なわれた力あるわざと不思議としるしとにより、神によってあなたがたに証明された人です:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(132)
回復訳聖書と他の日本語訳聖書の比較
ナザレ人イエスは、神があなたがたの中で、彼を通して行なわれた力あるわざと不思議としるしとにより、神によってあなたがたに証明された人です:回復訳聖書と他の日本語訳との比較(132)
人(ἀνήρ<anér>)―使徒2:22 【回復訳】 使徒2:22 イスラエルの人たちよ、これらの言を聞きなさい.ナザレ人イエスは、神があな...
聖書の機能:「人を教え、戒め、矯正し、義の中で訓練するのに益があります」「忍耐と聖書の励ましを通して、わたしたちが望みを持つためです」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(6)
聖書の重要な真理【聖書を読む】
聖書の機能:「人を教え、戒め、矯正し、義の中で訓練するのに益があります」「忍耐と聖書の励ましを通して、わたしたちが望みを持つためです」:聖書の重要な真理【聖書を読む】(6)
聖書の機能:「人を教え、戒め、 矯正し、義の中で訓練するのに益があります。それは、神の人が…完全な者になるためです」(Ⅱテモテ3:16-17...