信者と聖書との関係: 「信頼する」(詩119:42)

詩篇119:42 そうすれば、わたしは、わたしをそしる者に対する答えを持つようになります.わたしはあなたの言葉に信頼するからです。

 わたしたちは聖書の言葉に信頼しなければなりません。もしわたしたちが聖書の言葉を信じ、受け入れ、聖書の言葉に聞き、従うなら、わたしたちはまたそれに信頼すべきです。聖書に信頼するとは、わたしたちが信じ、聞いた聖書に自分自身をゆだねることを意味しています。多くの人は聖書の言葉に信頼することによって負担を担い、困難を経験し、誘惑に打ち勝ち、間題を対処します。彼らは全生涯、聖書の言葉に頼ります。聖書の言葉はわたしたちの責任を担うことができます。それには全生涯にわたってわたしたちを導く能力があります。どうかわたしたちが聖書の言葉に信頼しますように!

信者と聖書との関係:「待ち望みます」(詩119:114、参照、147節)

詩篇119:114 あなたはわが隠れ場、わが盾です.あなたの言葉を、わたしは待ち望みます。
詩篇119:147 わたしは夜明けに先立って目覚め、叫び求めます.わたしはあなたの言葉を待ち望みます。

 もしわたしたちが聖書の言葉を得たいなら、わたしたちは求め、わきまえ、学ぶだけではなく、待ち望まなければなりません。求め、わきまえ、学ぶことは思いと関係があり、それらは神の言を調べる時間と活力を必要とします。待ち望むことは心と関係があり、それは神がご自身の言葉をわたしたちに与えてくださるのを待つことを含みます。このことはわたしたちが神の御前に生き、神と交わることを必要とします。

前の記事  次の記事

無料聖書進呈をご希望の方はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事